スズキ 新型ハヤブサ(隼/Hayabusa)を発表 新型モデル登場は13年ぶり

スズキ 新型ハヤブサ(隼/Hayabusa)を発表 新型モデル登場は13年ぶり

スズキ 13年ぶりとなる新型「Hayabusa(ハヤブサ/隼)」を発表スズキ株式会社はフラッグシップの大型二輪車「Hayabusa(ハヤブサ)」を全面改良し、2021年2月末頃より、欧州、北米、日本など全世界で順次販売を開始すると発表した。
スズキ 13年ぶりとなる新型「Hayabusa(ハヤブサ/隼)」を発表スズキ 13年ぶりとなる新型「Hayabusa(ハヤブサ/隼)」を発表スズキ 13年ぶりとなる新型「Hayabusa(ハヤブサ/隼)」を発表スズキ 13年ぶりとなる新型「Hayabusa(ハヤブサ/隼)」を発表スズキ 13年ぶりとなる新型「Hayabusa(ハヤブサ/隼)」を発表

Advertisement

スズキが誇る「Hayabusa(ハヤブサ)」はこれで3代目を迎え、実に13年ぶりとなる新型モデルだ。初代から続く開発コンセプトである「Ultimate Sport(究極のスポーツバイク)」のもと、高い空力特性を持つ独特のデザインや優れた走行性能をさらに進化させている。

エンジン排気量は1,340cc、直列4気筒エンジンを登載し、電子制御スロットル、給排気の機構変更などにより低中域における出力とトルクを向上、同時にEuro5へ適応している。馬力は190馬力、ボア、ストロークは81.0mm x 65.0mm、圧縮率は12.5:1となり、先代のエンジンから動力性能面での大きなアップデートはないと言える。


Advertisement

外観は既存モデルからのイメージを踏襲。遠くからでもひと目で隼とわかるデザインだ。また吸気口の縁はポジションライトが組み込まれたターンシグナルとなっている。

電子制御には、出力特性、トラクションコントロール、エンジンブレーキコントロールなど5つの制御を設定パターンから選択できるSDMS-α(スズキドライブモードセレクターアルファ)が採用されているほか、2輪車として初めて設定速度を超えないようにするスピードリミッターを採用した。

技術詳細についてはこちらの記事で解説しているので、一読されたい。

スズキ 13年ぶりとなる新型「Hayabusa(ハヤブサ/隼)」を発表スズキ 13年ぶりとなる新型「Hayabusa(ハヤブサ/隼)」を発表スズキ 13年ぶりとなる新型「Hayabusa(ハヤブサ/隼)」を発表

Advertisement

Advertisement


Advertisement

(Source: スズキ株式会社)

(Photo courtesy of スズキ株式会社)

新車情報カテゴリの最新記事