カタルーニャGP 予選10位 ジョアン・ミル「ライバルは改善しているのが悔しい」

カタルーニャGP 予選10位 ジョアン・ミル「ライバルは改善しているのが悔しい」

特に予選に関して、ライバルのパッケージが改善しているのに、スズキは改善出来ていないとフラストレーションを口にするジョアン・ミル。確かにレース中のペース、レース後半のタイヤマネジメントについては素晴らしい仕上がりであることは間違いないが、これが常に2列目まででスタート出来ていれば、優勝や表彰台争いの可能性は圧倒的に高くなるはずだ。

Advertisement
カタルーニャGP 予選10位 ジョアン・ミル「ライバルは改善しているのが悔しい」

ジョアン・ミル

「イエローフラッグのせいか何かでラップタイムが無効になりました。口惜しいのはライバルが改善しているのにスズキは前進していないことです。昨年のラップタイムは上回っているんですが、パッケージは全く同じですから自分が改善しているということです。」

Advertisement
カタルーニャGP 予選10位 ジョアン・ミル「ライバルは改善しているのが悔しい」
「もちろんバイクのフィーリングはいいんですよ。でもライバルはパッケージが改善していっているんです。チーム力はありますし、レースでは実力は十分なんですが、予選についてはいつもフラストレーションが残ります。明日はグリップに少し問題があります。」

「表彰台を獲得出来る実力はると思いますが、予選自体がそもそもの問題なのでスタート位置がいつも後方なんです。」

(Photo courtesy of michelin)

MotoGPカテゴリの最新記事