ピレリ(Pirelli)FIM スーパーバイク世界選手権(SBK)2021 イギリス戦 プレビュー

ピレリ(Pirelli)FIM スーパーバイク世界選手権(SBK)2021 イギリス戦 プレビュー

ドニントン・パークで開催されるFIM スーパーバイク世界選手権(SBK)は、このサーキットでは史上27回目の開催となる。今回のレースはWSBKクラスのみとなり、加えてヤマハR3 bLU cRUヨーロピアンカップのダブルヘッダーが開催、WSSPクラスとWSSP300クラスはアッセンでの開催を待つ形となる。

今回のラウンドでピレリ(Pirelli)はスタンダードソリューションを用意する。これらのタイヤはブリティッシュスーパーバイク選手権で使用されているものと同様だ。なお、新たにレインのフロント用タイヤとしてA0593が使用可能となる。

Advertisement

ピレリ(Pirelli)FIM スーパーバイク世界選手権(SBK)2021 イギリス戦 プレビュー
1931年に建設されたドニントン・パーク・サーキットは、イースト・ミッドランズのシャーウッド・フォレスト近くに位置し、全長4023メートル、右コーナーが7、左コーナーが5、最大勾配8%の斜度を持つサーキットだ。コーナーの半径は、最小24メートルから最大333メートルまで様々だ。

サーキットは時計回りとなり、ポールポジションのライダーは左からスタートする。トラックの特徴として高速でアップダウンの激しい部分から、メルボルン・ヘアピン(ターン10)のように、急減速と急加速が求められる低速コーナーへとつながっている。

ターン8の出口は最も加速が求められるコーナーとなり、オールドヘアピンとマクラーレンコーナーでは、ライダーは時速100km/h以下になることはなく、ここでコーナリングスピードを高めることでタイムを稼ぐことが可能だ。

ピレリ(Pirelli)FIM スーパーバイク世界選手権(SBK)2021 イギリス戦 プレビュー

WSBKクラスのタイヤ

ピレリ(Pirelli)は今回1687本のタイヤを持ち込んでおり、ドライ、ウェット両方に対応するタイヤの中で、今回は新しいレインタイヤが登場する。スリックタイヤに関してはブリティッシュスーパーバイク選手権で使用されるものと同じで、5種類のソリューションからライダーは選択が可能だ。

そのうち2つがフロント、リアは3種類だ。フロントには、ソフトコンパウンドのSC1とミディアムコンパウンドのSC2が用意されている。リアのスリックタイヤは、ソフトコンパウンドのSC0と、今週末にイギリスで初めて使用されるスーパーソフトコンパウンドのSCXの2種類が用意されている。

2つのレース用ソリューションに加えて、ピレリはエクストラソフトの予選用ソリューションY0449を投入。これは今シーズンの3レースすべてで成功したタイヤだ。加えてインターミディエイトタイヤ、レインタイヤが加わる。
ピレリ(Pirelli)FIM スーパーバイク世界選手権(SBK)2021 イギリス戦 プレビュー

Advertisement

フロントにピレリ(Pirelli)はスタンダードディアブロレイン、新型レインタイヤとなるA0593を投入。これはSCR1と比較してグリップが改善しており、コーナーエントリーと最大リーン時に高い性能を発揮する。

リアについてはスタンダードSCR1とX1251が用意される。これは昨年マニクールで使用されグリッドの大半が使用していたものだ。このタイヤは低気温での雨天時にさらなるグリップを提供するものとなる。

(Source: Pirelli)

(Photo courtesy of Pirelli)

スーパーバイク世界選手権カテゴリの最新記事