ファビオ・クアルタラロが2021年のMotoGPタイトルを獲得

ファビオ・クアルタラロが2021年のMotoGPタイトルを獲得

先週開催されたエミリア・ロマーニャGPでDucatiのフランチェスコ・バニャイアが転倒リタイア、完走すればタイトル獲得となったファビオ・クアルタラロは、危なげなく4位で完走。見事2021年のタイトルを獲得した。今年は腕上がりの手術もあり、難しいレースもあった中でプレッシャーをコントロールしながら好結果を残す走りを続けてきた。この後はポルトガル、バレンシアでの2戦が待ち構えているが、タイトル獲得のプレッシャーから開放された状態で、じっくりと2022年型の開発を見据えてレースを進めることが出来るだろう。ファビオ・クアルタラロが2021年のMotoGPタイトルを獲得

Advertisement

ファビオ・クアルタラロ

「まだ信じられない気持ちです!うまく話せませんが、ただ驚いています。もう少し時間が経ったら、もっとたくさんのことを話せるかもしれません。今はただ、夢の中にいるようです!家族も一緒なので、今夜、そしてシーズン終了まで、この喜びを存分に楽しむことになると思います。」

「ペッコがこのような形でレースを終えることを望んだわけではありませんし、今回の転倒で彼が無事で本当に良かったと思っています。これで年間チャンピオンになりましたが、今は言葉が出ません。涙を流す水分も残っていません。今はとにかく最高の気持ちですが、その感覚を表現することができませんね。」

「MotoGPはとても長い歴史があります。そのなかでフランス人初のチャンピオンになれたことを非常に嬉しく思います。ヤマハにとっても素晴らしい結果だったと思います。2015年以降タイトルから離れていましたが、今日それをまた取り戻しました。今は最高の気分です!」
ファビオ・クアルタラロが2021年のMotoGPタイトルを獲得

ヤマハ発動機株式会社 代表取締役社長 日髙 祥博

「まず最初に、ファビオに心からの祝福を送りたいと思います。彼がYZR-M1の性能を最大限に引き出すことができる優れた才能の持ち主であること、そしてヤマハの大きな夢を実現する能力を持っていることを私たちは知っていました。」

「私たちは、この共通の目標を共に達成できたことを嬉しく思います。グランプリレースは、ヤマハの伝統の大部分を占めています。ヤマハ発動機は “レースのDNA “から生まれた会社であり、この “レースのDNA “はヤマハの製品にも受け継がれています。ヤマハは今年、グランプリレースの頂点に戻るという明確な目標を掲げていました。今年ヤマハはファビオと共に5回のグランプリ優勝と10回の表彰台を獲得し、6年ぶりにMotoGP世界選手権を連覇することができたのは素晴らしいことです。さらに、このような競争の激しい分野でそれを成し遂げたことは、私たちが誇りに思える成果と言えるでしょう。」

「ヤマハを代表して、スポンサーやパートナーの皆様に心より感謝申し上げます。パンデミックの影響を受けた過去2シーズンのMotoGPにおいて、ヤマハを応援してくださった方々のおかげで、今回のチャンピオン獲得が実現したのだと思います。

「この2年間で、MotoGPやモータースポーツがいかに多くの人々の喜びの源であるかがよくわかりました。多くの人々にとって、GPは暗い時代のハイライトでした。世界中のファンの皆様の変わらぬご支援に感謝するとともに、今年もコビッド・レギュレーションを守るために、何週間も自宅に帰れないなど多大な犠牲を払いながら、世界チャンピオンという目標に向かって100%の努力を続けてくれたヤマハのスタッフにも感謝しています。

「ヤマハは創業以来、すべてのヤマハライダーに “感動 “をお届けすることを目指してきました。今回の優勝は、まさにそのような瞬間であり、多くの人に喜びを与えることができるマイルストーンとなりました。クアルタラロ選手と当社のファンが増えていくなかで多くの人に喜びをもたらす重要な出来事となりましたね。」

ヤマハ・モーター・レーシング・マネージング・ダイレクター リン・ジャービス

「ファビオがエミリア・ロマーニャGPで早くもタイトルを獲得したことを心から祝福します。私達は彼の才能を十分に理解していたので、今年、ファクトリーチームへの加入を要請しました。彼は私たちの期待に応えるだけでなく、それを超えてくれました。」

「ファビオは常にファクトリーライダーになることを夢見てきて、将来にも大きな希望を抱いていましたが、チームの変更は大変なこともあります。新しいチームに適応しながら、ファクトリーライダーとなったことによるメディアからのプレッシャーにも対処しなければなりませんでした。しかし、彼は難なくチームに溶け込み、ファクトリー仕様のYZR-M1で、ドーハGPとポルトガルGPで優勝しました。」

「この時すでに、特別なシーズンになると確信しましたが、続くスペインGPでは大きな困難に見舞われました。腕上がりを解決するため、タイトル候補にとっては非常に大切な時期に手術を受けることになったのです。このことは精神的に大きなダメージになると予想されましたが、彼はこの時も動じませんでした。そして次のレースで復帰し、表彰台争いを展開したのです。」

「彼のメンタルの強さに、私たちは感動を覚えました。腕上がりに見舞われたスペインGPでの13位を除き、調子の良くないときも8位を下回ることはありませんでした。また、現在までポイント圏外でフィニッシュしていません。これらの成績が示すように、ファビオは何事にも全力で取り組み、タイトル獲得のプレッシャーにとらわれないよう自らを管理していました。純粋に才能と技術だけでフェアに戦い、ライバルたちに打ち勝ってきたのです。」

「そして何よりも、勝利と向上のために絶え間なく努力し、楽しむことを両立させてきました。これはヤマハで最も成功したライダーであるバレンティーノ・ロッシに見ることができた優れた才能と言えます。ファビオ、チーム、ヤマハのシナジーにより実現したこのタイトルは特別なものです。」

「ファビオと仕事をしたMonster Energy Yamaha MotoGPのスタッフ、また日本のヤマハのモータースポーツ開発部門エンジニア、ヨーロッパを拠点とするヤマハ・モーター・レーシングのスタッフにも感謝と祝福を伝えたいと思います。ファビオの素晴らしい成績は彼らの努力の賜物です。チームおよびコンストラクターのタイトルはまだ決まっていませんが、残り2戦でも私たちは100%の力を出し切ります。」

(Source: yamaha-racing)

(Photo courtesy of yamaha-racing)

MotoGPカテゴリの最新記事