マルク・マルケス 最終戦バレンシアとヘレステストを欠場 視力に問題あり

マルク・マルケス 最終戦バレンシアとヘレステストを欠場 視力に問題あり

マルク・マルケス バレンシアを欠場

マルク・マルケスは最終戦バレンシアと11月18日、19日に予定されているIRTAテストに参加しない。
マルクはオフロードトレーニングでの転倒の後、先週火曜日にバルセロナのDexeusクリニックで診察を受け、自宅で休養を続けている。休養中マルクは気分が優れない事が多かったようで、今週月曜に眼科医を訪れて診察を受けた結果、視力に問題を抱えているという。

サンマリノGP予選7位マルク・マルケス「HRCの戦略とブラドルに感謝」

Advertisement

眼科医 サンチェス・ダルマウ

診察の結果マルクは複視の状態にあり、右上斜筋麻痺の関与を疑う第四右神経の麻痺があると判明しました。現時点では症状の進行に合わせた保守的な治療が行われています。この右神経はマルクが2011年に転倒が原因で負傷した箇所でもあります。」

なお、複視とはものが二重に見えてしまうことで、神経の麻痺も発生しているとなると、回復にはある程度の時間がかかる可能性がある。現時点ではIRTAテストにも参加が難しい見通しで、今年も苦しんでいる右肩に続いて、今度は視力にも問題を抱えた状態となってしまった。

(Source: HRC)

(Photo courtesy of michelin)

MotoGPカテゴリの最新記事