ジョン・マクギネス 自身100回目のマン島TTレースにホンダ・レーシングUKから出場

ジョン・マクギネス 自身100回目のマン島TTレースにホンダ・レーシングUKから出場

ホンダ・レーシングUKは、マン島TTの王者、ジョン・マクギネスが2022年にホンダのCBR1000RR-RファイヤーブレードSPでグレン・アーウィンとともにマン島TTレースに参戦することを発表した。ホンダはマン島TTの歴史の中で最も多く勝利を収めているメーカーで、その勝利数は189に達している。

マクギネスは今回が記念すべきTTレース出場100回目(※様々なクラスでの合計)となり、ホンダにとっても2022年はファイヤーブレードの発売30周年となる。マクギネスは23回のTT優勝経験を持つ選手で、その豊富な経験はもはや解説不要だろう。
ジョン・マクギネス 自身100回目のマン島TTレースにホンダ・レーシングUKから出場

Advertisement

ジョン・マクギネス

「家族の元に戻ってきた感じです。今年ファイヤーブレードとしては30周年、自分自身は50歳を迎え、100回目のTTレースでもあります。ハビエルやチームの皆と話していてもまさに、ここが居場所だと感じています。これはまさに運命と言えるでしょう。特別なレースになる気が今からしています。今年始めに新型ファイヤーブレードに乗ったことがありますが、コース上の印象は良かったので実際に走ってみてどうなるか楽しみですね。」」
ジョン・マクギネス 自身100回目のマン島TTレースにホンダ・レーシングUKから出場
マクギネスと同じチームとなるのは、ノースウエスト200スーパーバイクレースで4回優勝している、グレン・アーウィンだ。2020年にTTデビューを予定していたが、ご存知の通り世界的なパンデミックの影響で2年間TTレース出場を待っていたことになる。国際レースでの経験はないが、イギリス国内選手権では多くの成功を収めており、TTでの挑戦を楽しみにしている。

グレン・アーウィン

「ついに、待ちに待ったホンダでのTTデビューが実現しました。マン島TTレースは、今回は学習、楽しみのために走ります。そして今回のチームメイトが伝説のジョン・マクギネスだというのは信じられません。彼は常に尊敬をしてきたライダーですし、ホンダのジョーイ・ダンロップに次ぐ偉大なTTライダーでしょう。ジョンから多くを吸収出来る機会を得られたことは、最高にエキサイティングですね!」

Advertisement

チームマネージャー ハビエル・ベルトラン

「ファイアーブレードの30周年と、ジョンの100回目のTTスタートということで、私たちにとってエキサイティングなシーズンになると思います。ジョンの100回目のTTレース出場を前に、彼がホンダに戻ってきたのはごく自然なことでしょう。ホンダにはジョンとのTTレースの歴史があります。また、ついにTTデビューを果たすグレンもいます。彼自身長い間待ち望んでいたことですが、私たちも同様に楽しみにしています。グレンには全くプレッシャーはありません。ジョンの経験があれば、これ以上のチームメイトはいないと思います。」

ジョン・マクギネス 自身100回目のマン島TTレースにホンダ・レーシングUKから出場

(Source: hondaracing uk)

(Photo courtesy of hondaracing uk)

マン島TTカテゴリの最新記事