マルク・マルケス インドネシアGP転倒の影響で複視を再発

マルク・マルケス インドネシアGP転倒の影響で複視を再発

カタールGP初日総合2位 マルク・マルケス「クリーンに走行してタイムがついてくる」

インドネシアGPのハイサイドで複視が再発

マルク・マルケスは先週末のインドネシアGPのウォームアップ走行中にターン7でハイサイドを起こし激しく路面に叩きつけられた。この転倒でマルケスは脳震盪を起こし、チームは大事をとってレースへの出場を取りやめていた。レース後マルケスはスペインに戻る途中で視覚に異常を感じたため、信頼する眼科医のサンチェス・ダルマウ医師のバルセロナ・クリニックを訪問。診察の結果、昨年11月に苦しめられた複視の再発が確認された。

Advertisement

サンチェス・ダルマウ医師

「インドネシアGPでの頭部外傷の後、月曜日にマルク・マルケスに実施された神経眼科診察により、昨年11月の負傷時ど同様に、右第4視神経麻痺が再発による複視が確認されました。」

「昨年11月のものよりも程度は軽いものも、定期的な医学的検査による保存療法を行います。来週にマルク・マルケスは今回の複視の経過観察を行い、競技復帰までの回復期間等について検討していくことになります。」

(Photo courtesy of HRC)

MotoGPカテゴリの最新記事