カタルーニャGP DNFフランチェスコ・バニャイア「こんな形のノーポイントはあってはならない」

カタルーニャGP DNFフランチェスコ・バニャイア「こんな形のノーポイントはあってはならない」

カタルーニャGP DNFフランチェスコ・バニャイア「こんな形のノーポイントはあってはならない」アレックス・リンス同様に中上の転倒に巻き込まれてレースを終えたフランチェスコ・バニャイア。アレックス・リンスのように怪我はないようだが、本人も語るように、チャンピオンシップ争いの望みはかなり厳しくなった。中盤戦に向けて安定感とスピードを増していただけに、このDNFは悔やまれる。

Advertisement

ファビオと戦えると思っていた

フランチェスコ・バニャイア

「何よりも中上が無事なようで良かったです。中上はスタートでかなり順位をアップしていたわけですし、1周目のターン1であることを考えると攻め過ぎだったと思います。体は無事です。自分とバイクのポテンシャルの高さはわかっていましたし、ファビオと戦えると思っていました。」

「ファビオが強力な今、こんな形でのノーポイントはあってはならないことです。これでチャンピオンシップ争いはかなり厳しくなりました。今は気持ちを切り替えてテスト、そしてザクセンリンクのことを考えたいと思います。ポイントを少しでも積み重ねていきたいですね。」

(Photo courtesy of Ducati)

MotoGPカテゴリの最新記事