★MotoGP2017日本GP Q2結果

Q2は各選手の素晴らしい走りが見られました。大きな驚きはロッシ選手がスリックで出走したことですが、このギャンブルは当たらずロッシ選手は12位となりました。その時点で1位ポジションを獲得していたマルケス選手はロッシ選手に続いてスリックタイヤを履いて出走しますが、この判断が外れ、マルケス選手は貴重な走行時間を失います。

Sponsored Link

激しいフロントロー争いを制したのはザルコ選手。2位を獲得したのはペトルッチ選手。3位を獲得したのはマルケス選手ですが、スリックタイヤを履いていなければポールポジションの可能性もあったでしょう。

0.044秒の差でフロントローを逃したのはアレイシ・エスパルガロ選手は4位、ロレンソ選手が5位となりました。6位ペドロサ選手、7位スミス選手、8位ポル・エスパルガロ選手、9位ドヴィツィオーゾ選手、10位リンス選手となりました。イアンノーネ選手11位、ロッシ選手は12位となりました。

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017 ペドロサ「アルゼンチン戦を楽しみにしている」
★MotoGP2017アルゼンチンGP 予選プレスカンファレンス全文翻訳
★MotoGP2017 ヴァレンティーノ・ロッシ「MotoGPクラスにVR46で参戦するつもりはまだない。」
★MotoGP2017フランスGP ロッシ「ル・マンは非常に重要なレースになる」
★MotoGP2017カタルーニャGP 5位ヨハン・ザルコ「トップ集団に追いつけると思っていた」
★MotoGP2017ミシュラン カタルーニャGP決勝レースリリース
★MotoGP2017 カル・クラッチロー HRCと2年契約を締結/LCRに残留
★MotoGP2017カタルーニャテスト ビニャーレス「再び良い感触でライディング出来た」
★MotoGP2017オランダGP予選4位 ロッシ「面白いレースになる」
★MotoGP2017 6/27時点でのポイントスタンディング
★MotoGP2017チェコGP ミケーレ・ピッロ「新型フェアリングがロレンソの助けとなる」
★MotoGP2017ブルノテスト リンス「新しいシャーシに良いフィーリングを感じた」
★MotoGP2017ブルノテスト アレイシ・エスパルガロ「トップスピードは上位のバイクに接近している」
★MotoGP2017 8/8時点でのポイントスタンディング
★MotoGP2017イギリスGP 予選5位ロレンソ「レースペースの改善が必要」
★MotoGP2017サンマリノGP ビニャーレス「ライバルとの差を詰めることが出来る」
★MotoGP2017 9/26時点でのポイントスタンディング
★2018年のカタルーニャGPではオリジナルレイアウトのターン12が復活
★MotoGP2017日本GP FP3結果
★MotoGP2017バレンシアGP ザルコ「マルケスについて行きたいし、優勝争いもしたい」