Alma Parmacレーシング 2019年参戦体制/カラーリングを発表

今年のAlma ParmacレーシングはランボルギーニのデザインスタジオであるCentro Stile Lamborghiniと共に戦います。ジャック・ミラーにとってはGP19で結果を出すことで、2020年にファクトリーシートを狙いたいという思いがあるでしょうし、ルーキーのフランセスコ・バグナイアにとっても将来的なDucatiファクトリーシート、また他メーカーへ自身の才能をアピールしていくシーズンとなります。

Sponsored Link

チーム代表 パオロ・カンピノーティ

「昨年は独立チームタイトルを獲得出来たことが大きな満足となりました。ジャック・ミラーがGP19を今年使用し、Moto2チャンピオンのフランセスコ・バグナイアを迎える今年、高いレベルでの戦いを期待しています。また今年はCentro Stile Lamborghiniの素晴らしいカラーリングで戦えるということに興奮しています。DucatiデスモセディチGPと勝利のための最高のパッケージとなるでしょう。イタリアが誇るブランドのブランド大使と言えるべき役割を担うことが出来るのは光栄なことです。」

Centro Stile Lamborghini MITJA BORKERT

「Centro Stileを私はMotoGPの大ファンなんです。ですからこのプロジェクトにPramacと共に貢献出来るのは喜ばしいことです。DucatiデスモセディチGPの新しいカラーリングはAlma Pramacレーシング、彼らの勝利への渇望にインスパイアされたものです。」

チームマネージャー フランセスコ・グイドッティ

「チームにとってはまたしてもエキサイティングなシーズンの開幕です。ウインターテストではジャックとペッコは素晴らしい結果を達成出来るポテンシャルを示してくれました。我々の仕事はフルポテンシャルで仕事をし、ライダー達をレースで満足出来るポジションに送り込むことです。」

フランセスコ・バグナイア

「この新しい冒険をテスト初日からエネルギーに溢れ、細部まで気を使ってくれ、大きな野望を持った新しいチームと共にスタート出来ることにワクワクしています。こういった内容は自分にとって本当に大事なんです。テストの中では素晴らしい結果を収めることが出来ました。ラップごとにフィーリングも良くなりました。開幕戦はすぐそこですが、カタールでのレースが待ちきれません!」

ジャック・ミラー

「自分にとっては本当に重要な1年です。今年はオフィシャルバイクを使用しますが、これでトップグループと互角に戦えることを証明しなくてはいけません。過去シーズンに素晴らしい関係を構築出来たチームの素晴らしいサポートにも頼ることが出来るでしょう。最高の結果を出したいですね。」




(Source: Pramac)

(Photo courtesy of Pramac)

Sponsored Link