SBK第4戦アッセン ジョナサン・レイ「最後になってタイヤのグリップが落ちてしまう」

アッセンではバウティスタの連勝がついに止まるのか?とレイに期待がかかっていましたが、結果的にはバウティスタが再び連勝。タイヤグリップが残っているうちはバウティスタの前を走ることが出来ても、タイヤグリップが落ちてくるとバウティスタを抑えきれない様子。ライディングテクニックでどうにか出来るのか、それともバイクの特性なのか。。

ジョナサン・レイ

「レースの中では良い感触で、バトルにしっかりと使えるバイクをチームも用意してくれました。今日のレースはまるで過去のWSBKのようでしたね。2つのロングレースが1日にあってね。唯一の違いは2つ目のレースのための準備時間が少し短かったということですかね。」

「今週末は自分達のバイクのポテンシャルをフルに引き出すことが出来ました。いくつかのセクターでは非常に強い走りが出来て、いくつかのセクターではアルヴァロに負けていました。コールドコンディションでもグリップレベルは非常に高いと感じました。」

「ただ、最後になってタイヤのグリップが落ちてしまったんです。そうなってくるとバイクのコントロールがフィジカル面で大変になってしまったんです。それを別とすればタイヤのポテンシャルには驚かされました。序盤から中盤まで実にコンスタントに旋回することが出来たんです。」

(Source: KRT)

(Photo courtesy of KRT)