SBK第4戦アッセン レオン・ハスラム「フロントグリップの問題の理解が必要」

レイと同様にタイヤのグリップについて問題を指摘するハスラム。彼の場合はフロントグリップが無くなってしまったことで苦戦を強いられたようです。

レオン・ハスラム

「レース1では残り8周くらいでフロントグリップが無くなってしまいました。レース2ではこれがさらに悪化して、残り11周、12周くらいでフロントグリップが無くなってしまったんです。バイクを立ててフロントから転倒しないようにしていました。表彰台は望めるペースだと思っていましたが、そうなりませんでした。この問題をしっかりと理解する必要があります。」

(Source: KRT)

(Photo courtesy of KRT)