ピレリ ヘレスに新型リアタイヤのデベロップメントソフトコンパウンドを投入

WSBKのヘレス戦では全クラスのレースが予定されており、WorldSSP300はイモラで悪天のためレースキャンセルとなったことで2戦が予定されています。今回のラウンドに向けて、ピレリは既にイモラでも投入したビッグサイズタイヤを投入。また新たにリアにソフトコンパウンドタイヤが投入されます。スーパースポーツクラスはスタンダード 180/60とデベロップメント190/60の比較を行います。

ヘレス戦が6月上旬に開催されるの初めてとなります。通常ヘレスでは9月もしくは10月にレースが開催されますが、2017年に再舗装されたために、路面状況は未知数とは言え、ピレリはこのサーキットのことを熟知しています。

このサーキットの誕生は1985年で、2年前に亡くなった13回世界チャンピオンを獲得した伝説のライダー、アンヘル・ニエトの名前がつけられています。90年台初頭に安全性の改善が施され、シト・ポンスコーナー、セナ・シケインによってサーキット全長は4,223mとなりました。2002年にはピットレーンが広げられ、エスケープルートが設けられました。そして2017年に全面再舗装が行われています。

ヘレス・サーキットはロングストレートがありますが、これは全トラックの69%を占めるもので、低速コーナーも設けられています。ホームストレートは600mで、その幅は12m。これはトラックの他の部分11mより広くなっています。コーナーのRの大きさも様々、路面の勾配も様々です。勾配は最大でターン2、6、13で7.46%となり、ターン4、12では4.7%となります。

WorldSBK/WorldSSPクラスのタイヤ

ピレリはヘレスに全クラス合計でドライ、インターミディエイト、フルウェット3,520本のタイヤを持ち込みます。WSBKクラスではライダー達はフロントにビッグサイズの125/70のみが使用可能で、リアは合計で8種類のタイヤが使用可能です。(※レインタイヤ含む)

フロントはアラゴン、アッセン、イモラで既に使用されたタイヤが使用可能です。ライダー達はスタンダードSC1のソフト125/70サイズ、そしてデベロップメントSC2のX1071とX1118のミディアムコンパウンドが使用可能。

リアに関してはSC0のみが供給されます。200/65サイズのデベロップメントY0914が使用可能。これはスタンダードSC0と同じ構造ながら、より高いアスファルト温度に対応したものとなります。新たに投入されるのはSC0 X1351です。これはスタンダードSC0と同じコンパウンドながら、新構造による優れたパフォーマンスを発揮します。

予選タイヤ、プリクオリフィケーションタイヤとしてはスーパーポール用タイヤとしてX684、SCXタイヤとしてY0447が供給されます。

スーパースポーツクラスでは前後2種類、合計4つのドライオプションが用意されます。 フロントに関してはアラゴン、アッセン、イモラ同様にスタンダードSC1、デベロップメントSC2 X0582が供給されます。これはSC2と比較して優れたグリップと耐摩耗性があります。

リアに関してはスタンダードSC0の180/60サイズが、190/60サイズのデベロップメントSC0 Y0328に加えて使用可能です。

(Source: Pirelli)

(Photo courtesy of Pirelli)