Ducati パニガーレV4のストリートファイターバージョン「ストリートファイターV4」を発表

DucatiからやはりパニガーレV4のストリートファイター版が登場しました。まずはアメリカのパイクスピーク参戦用車両としてデビュー、その後販売が開始される見通しです。

デビューレースは6月30日に米国コロラド州で開催されるブロードムーア・パイクスピーク・インターナショナル・ヒル・クライムです。ライダーは昨年優勝しているカーリン・ダンとなります。


ストリートファイターV4と呼ばれるこのモデルはフェアリングを排除、ワイドなハンドルバーを装着しています。カラーリングはドゥカティ・スタイル・センターによってデザインされた“ピクセル化”と呼ばれるカラーリングとのことで、Ducatiはこの効果について「モーターサイクルのラインを隠すのではなく、モーターサイクルの最終的なデザインを意図的に明らかにすることによって、ニューモデルに対する期待感を高める」と述べています。

Ducati最高経営責任者(CEO)クラウディオ・ドメニカーリ

「ストリートファイターV4は、ドゥカティ・ワールド・プレミア2020における主役の1台になるでしょう。またストリートファイターV4はロードライディング用のパニガーレと言えます。そのため、生産を開始する前に、ストリートファイターの類まれなパフォーマンスを示すための舞台として、ブロードムーア・パイクスピーク・インターナショナル・ヒル・クライムは最適な場所だといえるでしょう。」

ストリートファイターV4は2019年のEICMAで一般公開の予定です。

*日本での発売時期は未定
(Source: Ducati)

(Photo courtesy of Ducati)