モトクロスイタリア選手権 最終戦でティム・ガイザーがMX1チャンピオンシップで優勝

ティム・ガイザー

2月9日、2020年モトクロスイタリア選手権の最終ラウンドで、MX1でティムガイザーが優勝し、MX1チャンピオンシップでも優勝。MX2ではアンドレア・アダモが優勝、スーパーカンピオーネではミッチェルエヴァンスが優勝した。

マントヴァのMX1クラスでティムガイザーが優勝、スーパーカンピオーネでミッチェルヴァンスが優勝。 マキシムルノーがMX2タイトルを獲得。

ティム・ガイザー
マントヴァの「タツィオ・ヌヴォラーリ」サーキットにて2020年モトクロスイタリア選手権の最終ラウンドが開催されました。ピレリを装備したライダーは、フロントにSCORPION™MX32™ミッドソフト、リアにSCORPION MX™ソ​​フトを再び使用し、MX1クラスで優勝し、MX1、MX2、125ccタイトルを席巻しました。
ティム・ガイザー
MX1カテゴリにおいて、再びティムガイザーが完勝でした。彼に続いて、昨年6月にラトビアで肩を負傷して以来の出場であるアントニオカイローリが2位になりました。4位に終わったミッチェルエヴァンスもまた、良いパフォーマンスを発揮しました。彼の好成績と共にガイザーはMX1チャンピオンシップを獲得しました。
アンドレア・アダモ
MX2クラスでは、アンドレア・アダモがスティーブン・ルビニを下し2位でゴールしました。バスティアンボーダムを下しマントヴァで4位のマキシムルノーは、MX2の総合チャンピオンとなりました。
マキシム・ルノーマキシム・ルノー
MX1およびMX2上位20人で構成されたスーパーカンピオーネでは、ミッチェルエヴァンスがレースに勝ち、ティムガイザーの覇権を破りました。このクラスにおいても、アントニオカイローリは非常に速く、3位を獲得しました。アレッサンドロ・ルピノは5位に入賞しました。
アントニオ・カイローリ
イギリスのホークストンパークでも、ピレリの朗報がありました。ジェフリーへリングスが、大会のMX1クラスで勝利、MX2クラスではトム・ヴィアーレが勝利しました。

3週間後、ライダーたちはマタリーベイスンサーキットで開催される2020 FIMモトクロスイギリス世界選手権の開幕戦に挑みます。

レース結果 (太字がピレリライダー): 

MX1 

  1. GAJSER Tim(SLO) 
  2. CAIROLI Antonio (ITA) 
  3. MONTICELLI IVO (ITA)
  4. EVANS Mitchell (AUS)
  5. FORATO Alberto (ITA)

MX2 

  1. GUADAGNINI Mattia (ITA)
  2. ADAMO Andrea (ITA)
  3. RUBINI Stephen (FRA)
  4. RENAUX Maxime (FRA)
  5. DAMM Bastian Bogh (DEN)

 

SUPERCAMPIONE

  1. EVANS Mitchell (AUS)
  2. GAJSER Tim (SLO)
  3. CAIROLI Antonio (ITA)
  4. MONTICELLI Ivo (ITA)
  5. LUPINO Alessandro (ITA)

 総合結果: 

MX1  

  1. GAJSER Tim(SLO) p.360
  2. EVANS Mitchell (AUS) p. 265
  3. JASIKONIS Arminas (LTU) p. 190
  4. MONTICELLI Ivo (ITA) p. 185
  5. FORATO Alberto (ITA) p. 150

MX2

  1. RENAUX Maxime (FRA) p. 265
  2. GUADAGNINI Mattia (ITA) p. 235  
  3. ADAMO Andrea (ITA) p. 155
  4. DAMM Bastian Bogh (DEN) p. 155
  5. GEERTS Jago (BEL) p. 120

SUPERCAMPIONE

  1. GAJSER Tim (SLO) p. 240
  2. EVANS Mitchell (AUS) p. 220 
  3. JASIKONIS Arminas (LTU) p. 160  
  4. MONTICELLI Ibvo (ITA) p.115
  5. FORATO Alberto (ITA) p. 105

(Source: Pirelli)

(Photo courtesy of Pirelli)