フランコ・モルビデッリ ペトロナス・ヤマハ・SRTと2022年まで契約を更新

フランコ・モルビデッリ

モルビデッリ 2022年までペトロナス・ヤマハ・SRTから参戦

ペトロナス・ヤマハ・SRTは、イタリア人ライダーのフランコ・モルビデッリと契約を更新した。契約期間は2021年、2022年となる。フランコ・モルビデッリは2018年にMotoGPクラスデビュー、ペトロナス・ヤマハ・SRTには2019年に加入している。

2019年にフランコ・モルビデッリは4回のフロントローを獲得、トップ6で7回完走しており、年間ランキングは10位、2019年にチームがトップ独立チームの座を確保するのにも大きく貢献した。

ラズラン・ラザリ

「来年もフランキーが我々のチームから参戦してくることを嬉しく思います。彼は実に才能豊かなライダーで、このチームにとっての財産と言えます。フランキーは我々にとっての未来でもありますから、2022年まで彼がペトロナス・ヤマハ・SRTから参戦してくれることは両者にとって大きなメリットとなります。

「彼は表彰台獲得が出来るポテンシャルを持っていますし、共に表彰台獲得を目指しています。今シーズンはまだスタートしていませんが、フランキーには大きな期待を寄せています。彼はヘレスで戦闘力を発揮してくれるでしょうし、今年から更に成長を続けてくれると確信しています。フランキーはこのチームに安定感と競争力を提供してくれます。早くトラックに戻りたいですね。」
フランコ・モルビデッリ

フランコ・モルビデッリ

ペトロナス・ヤマハ・SRTとは昨年すばらしい1年を共にしましたから、2022年まで契約を延長出来たことは大きな喜びです。自分にとっても素晴らしい感触を感じているチーム、バイク、環境で参戦を続けることは重要です。共に素晴らしい作業が出来ていますし、ペトロナス・ヤマハ・SRTのクルーと仕事をするのは本当に楽しいんです。」

「彼らと一緒に走る機会を与えていただいたことが嬉しいです。初年度に残した成績を超えるものを残したいですし、今までよりも更にハードに仕事に取り組みたいと思います。自分達のポテンシャルを発揮出来ることが楽しみですし、自分が愛することを愛するチームと共にこれからも続けていけることが嬉しいです。
フランコ・モルビデッリ

(Source: sepang racing team)

(Photo courtesy of sepang racing team)