スペインGP 予選1位ファビオ・クアルタラロ「最後は”安全スイッチ”をOFFにして走った」

ファビオ・クアルタラロ

ファビオ・クアルタラロの予選はまさにスーパーラップと言える走りで、1分36秒7というサーキット最速タイムを記録。FP4のペースも確かに悪くないが、灼熱のヘレスで長丁場のレース。マルケスと最後まで戦えるペースを維持出来るか、レース運びはどうなるかなど、注目の決勝になる。


ファビオ・クアルタラロ

少しタイムを失った予選だった

ファビオ・クアルタラロ

「最後は”安全スイッチ”)(※脳内の)をOFFにして走りました。とは言えターン11で誰かが転倒していたので、注意深く走ったせいでタイムを少し失っています。36秒7というタイムは良いと思っていましたけど、今サーキットにはスクリーンがありませんから、自分が何位なのかわからないんです。FP4でのペース良いですからポジティブですが、マルケスも信じられないようなペースで走行しています。明日の朝に改善を進めたいですね。」

(Source: sepang racing team)

(Photo courtesy of sepang racing team)