アンダルシアGP ファビオ・クアルタラロ「チャンピオンシップの長さは関係ない 全力で走るだけ」

ファビオ・クアルタラロ

スペインGPで優勝したファビオ・クアルタラロだが、今週末についても全力でレースに挑みベストを尽くすことが重要だと語る。欠場が予想されていたマルク・マルケスが出場することで楽なレースではなくなると思われるが、今週末もポールポジション獲得の期待が高まる。

全てのレースで全力で走る

ファビオ・クアルタラロ

「今週末のコンディションも先週同様に非常に暑いことが予想されます。昨年バレンシアでレースをした時から約7ヶ月が経過していますので、開幕戦はいつも以上にタフでした。第2戦はより体が慣れているという状況はあるでしょう。」

「マルクだけではなくカル、リンスも今週末のレースに参戦します。ライダーであれば誰しもが怪我から早く復帰したいと願うものですが、彼らもまた今週末のレースに全力で挑むでしょう。」
ファビオ・クアルタラロ
「チャンピオンシップの長さには関係なく、自分たちのするべき事は全てのレースで全力を尽くすとことになります。怪我をしたライダーが何名いるかなど、そうした事は関係なく、自分たちのベストを尽くすことに尽きるでしょう。年間10戦であれば10戦全てで全力で走るだけです。」

「自分の場合、先週はバレンティーノにようなエンジントラブルは一切発生していません。ですから、エンジントラブルに関しては全く心配していませんね。」

(Photo courtesy of michelin)