WSBKアラゴン戦レース2 9位アレックス・ロウズ「バイクのセッティングと格闘していた」

アレックス・ロウズ

今回はセッティング作業に追われたロウズ。激しいバトルを演じたが、本来はトップ争いがしたいというのは当然だ。今週末はレイのようにDucati相手に互角の戦いが出来るか。アレックス・ロウズ

Ducatiと戦えるスピードがなかった

アレックス・ロウズ

「スーパーポールレースでの4位ペースでの走行は嬉しいですが、アルヴァロとチャズに抜かれるなど、最後のスピードが足りませんでした。彼らの方が速く、昨日の転倒の後でしっかりと戦うことが出来なかったんです。レースで2ではフロントのセッティングを少し変更しましたが快適には感じられませんでした。今回はバイクのセッティングと格闘していましたね。」

「今日のバトルは面白かったものの、望んだ位置でのバトルではありませんでした。フロントがかなり滑る状況で自信が持てず攻め込むことが出来ませんでした。ポイントはある程度獲得できましたし、今週末のレースまでまだ時間があります。ジョニーは素晴らしいレースでした。ZX-10RRでDucatiに勝てるわけです。週末のレースに向けてしっかりとセッティング作業を行いたいですね。」

(Source: KRT)

(Photo courtesy of KRT)