サンマリノGP 2位フランセスコ・バグナイア「1週間前は表彰台獲得は無理と思っていた」

フランセスコ・バグナイア

足の骨折から復帰戦となったサンマリノで、いきなり表彰台を獲得したフランセスコ・バグナイア。周囲からするといきなり結果を出したように思えるが、本人としては、すでにヘレスの段階で表彰台を獲得出来るパフォーマンスだったということのようだ。彼の復帰が早まってオーストリアでレースをしていたら、優勝争いもあったかもしれないが、今週末のレースにも期待だ。
フランセスコ・バグナイア

最終ラップは痛みがあまりにも激しかった

フランセスコ・バグナイア

「今回のレースで一番重要だったのは、ヘレスを終えた時点、ブルノのFP1で感じた強さを取り戻し、そのレベルで走行することでした。足を骨折してしまい、状況が変わってしまったんです。」

「この一ヶ月は信じられないほど辛い季節で、ハードに作業を続けてきました。今回のレース出場を実現してくれた皆に感謝します。金曜にレース出来るとわかってから、土曜にプッシュしていきました。その中でのフィーリングはヘレスと同様で、結果が楽に出たんです。」

「1週間前は表彰台獲得は無理と思っていましたが、レースの中では全てがスムーズでした。バレをオーバーテイクした後に表彰台も可能かもしれないと考えました。ペースは良かったものの、足が痛み始めていたのでコンスタントな走行は難しかったですね。」

「残り4周は痛みが酷くて、特に右コーナーで向きを変えるのが困難でした。最終ラップは痛みがあまりにも激しくて諦めそうになりました。背後にジョアン・ミルのエンジン音が聞こえましたから、最終コーナーで抜かれるのではと思っていました。今回は地元でファンの声援もあって最高のレースになりました。」

フランセスコ・バグナイア
「ライディングスタイルに関しては、昨年のタイでリセットボタンを押したんです。その時点でライディング、バイクのセッティングも大きく変えました。頭を使って走るようになり、Ducatiに求められるライディングスタイルを取り込んでいったんです。」

「今までのライディングと全くことなるものでしたが、今年に関してはブレーキングで強みを発揮出来るようにし、ヘレスでこのライディングスタイルを取り込み終わったんです。」

「今年はしっかりと準備をうぃてきました。ミサノはヘレスと異なりますが、ヘレスのようにライディング出来ました。このことは本当に嬉しいですね。5週間家にいて、こんな結果を得られたのは本当に嬉しいです。」

(Source: Pramac)

(Photo courtesy of michelin)