MotoGPアラゴンGP 優勝アレックス・リンス「落ち着いて走行出来た良いレースだった」

アレックス・リンス

アレックス・リンスは今期初優勝をアラゴンで挙げた。9番グリッドからのスタートと苦戦が予想されたが、抜群のスタートからヤマハ勢の後ろにピタリとつけ、マーべリック・ビニャーレスを抜き去ると、タイヤを温存しながら走り切った。
アレックス・リンス

ビニャーレスを抜くのは容易だった

アレックス・リンス

「今日のレースでは、最後にアレックスとジョアンの2人が迫っていたのがわかっていました。ソフトリアタイヤでタイヤを温存するのは簡単ではありませんが、最後までしっかりとマネジメント出来ました。スズキは素晴らしい努力をしていると思います。今回は優勝したいと思っていたので嬉しいですね。」

「今日はスタート時点で自信があったんです。序盤はヤマハと戦っていて、マーべリック・ビニャーレスの後ろを走行しながら、彼が苦戦しているのがわかりました。マーべリック・ビニャーレス抜くのは簡単でしたし、彼を抜いた後にギャップを開くことが出来ましたね。」

「今年は苦戦するレースが多く、ポテンシャルはあるものの、転倒してしまったり優勝することに苦戦しています。今まで多くの人から落ち着いて走れると言われていたんですよ。」

アレックス・リンス
「アラゴンは良い思い出あるサーキットです。シルバーストーンでマルクに勝ったのが今までで最高のレースですが、今回は最後まで落ち着いて走行出来た良いレースだったと思います。」

「このトラックはリーンが深い状態でのブレーキングがあるなど、リードしたとしても落ちついて走るの難しいトラックです。オーバーラン、ブレーキを引きずり過ぎての転倒などミスをしやすいんです。そういう意味でも、今日は落ち着いて走り切ることが出来たと思いますね。」
アレックス・リンス
アレックス・リンス
(Source: suzuki-racing)

(Photo courtesy of michelin)