MotoGP2020チャンピオンシップ・スタンディング(10/19時点)

アラゴンGPを終えた段階のチャンピオンシップスタンディングだ。今回の結果でチャンピオンシップ首位に立ったのはスズキのジョアン・ミール、2位に6ポイント差でファビオ・クアルタラロ、3位マーべリック・ビニャーレス、4位ドヴィツィオーゾ、中上 貴晶は再びトップ10での完走の記録を伸ばし、チャンピオンシップ5位。

6位フランコ・モルビデッリ、7位アレックス・リンス、8位ジャック・ミラー、9位ポル・エスパルガロ、10位ミゲル・オリヴェイラ、11位ブラッド・ビンダー、12位アレックス・マルケス、13位ダニーロ・ペトルッチ、14位バレンティーノ・ロッシ、15位ヨハン・ザルコ、16位フランセスコ・バグナイア、17位アレイシ・エスパルガロ、18位カル・クラッチロー、19位イケル・レクオーナ、20位ブラッドリー・スミス、21位ステファン・ブラドル、22位ティト・ラバト、23位ミケーレ・ピッロとなった。

(Photo courtesy of michelin)