MotoGP2021 チャンピオンシップ スタンディング(第6戦イタリアGP終了時点)

MotoGP2021 チャンピオンシップ スタンディング(第6戦イタリアGP終了時点)

MotoGP2021 チャンピオンシップ スタンディング(第6戦イタリアGP終了時点)

チャンピオンシップスタンディング首位はファビオ・クアルタラロ

イタリアGPを終えた時点でのチャンピオンシップスタンディングだ。トップはファビオ・クアルタラロが独走しており、2位ヨハン・ザルコとの差は24ポイントとなった。2位がザルコということで、フランス人ライダーがトップ2に並ぶ形だ。

3位は今回ノーポイントに終わったフランセスコ・バグナイア、4位ジャック・ミラー、5位ジョアン・ミール、6位マーべリック・ビニャーレスが続く。

Advertisement

少し離されて7位にアレイシ・エスパルガロ、8位ブラッド・ビンダー、9位フランコ・モルビデッリ、10位ミゲル・オリヴェイラとなっている。中上 貴晶は12位、これで4連続転倒なったリンスは13位に転落。18位マルク・マルケス、19位バレンティーノ・ロッシとなっている。

MotoGP チーム スタンディング 2021 by 気になるバイクニュース

チームスタンディング首位はモンスターエナジー・ヤマハ

チームの状況に目を移すと、首位はモンスターエナジー・ヤマハ、2位にDucati LENOVOチームとなる。実際のところ現在までに6戦を消化している状態で、優勝ライダーはファビオ・クアルタラロ、マーべリック・ビニャーレス、ジャック・ミラーの3名しかいない状況だ。

今年のチャンピオンシップは完全にモンスターエナジー・ヤマハ VSDucati LENOVOチームの2チームの争いとなっており、スズキはリンスの度重なる転倒で、ついにホルヘ・マルティンが欠場を続けるPramacレーシングにチームスタンディングで抜かれる形となった。

 

MotoGP コンストラクターズ スタンディング 2021  by  気になるバイクニュース

<h2>コンストラクターズタイトル首位はヤマハ</h2>

前述の通り、ヤマハ、Ducati二強のレースが続いており、コンストラクターズで見ても、ヤマハ、Ducatiがポイントを積み重ねており、スズキは完全に引き離されてしまった。また、ホンダは全メーカー中5位となり、マルク・マルケスの欠場が大きく響いている。

MotoGPカテゴリの最新記事