Ducati ドゥカティ・ワールド・プレミア2021を5回に分けて開催、初回エピソードでは新型ムルティストラーダV4を発表

Ducatiは2021年モデルの新製品ラインナップを、完全に新しいフォーマットを採用したドゥカティ・ワールド・プレミアで発表する。これは全世界で未だ感染拡大が続く新型コロナウイルスの影響によるもの。

今回Ducatiはドゥカティ・ワールド・プレミアを複数のエピソードに分けて行う。一番最初のエピソードは11月4日(水)午後7時(中央ヨーロッパ標準時、日本時間:11月5日午前3時)に公開、一番最後のエピソードは12月2日(水)に公開され、合計5回の発表が行われる。

これらのエピソードは、ドゥカティ公式ウェブサイト(Ducati.com)で公開され、7言語(イタリア語、フランス語、ドイツ語、スペイン語、英語、中国語、日本語)に対応している。

11月4日に発表されるのは、待望の新型ムルティストラーダV4。このモデルには、既に公開されているグランツーリスモV4エンジンやレーダー・システムといったテクニカル・コンポーネントが採用されている。

スケジュールは、以下のとおり。
エピソード1 – 11月4日 (日本時間:11月5日午前3時)
エピソード2 – 11月11日
エピソード3 – 18月11日
エピソード4 – 25月11日
エピソード5 – 12月2日