ドヴィツィオーゾ 2021年はいかなる形でもMotoGPで走行する可能性はなし

ドヴィツィオーゾ

ドヴィツィオーゾは2021年にはMotoGPにいかなる形でも関わらず、2022年にMotoGPパドックへの復帰を目指していることが明らかになった。

ドヴィツィオーゾは2021年にレギュラーライダーではなく、ホンダ、ヤマハなどのテストライダーなるかもしれないと噂されていたが、2022年にレギュラーライダーとして復帰を目指すようだ。

当初はKTMのテストチーム、そしてアプリリアでイアンノーネに変わって2021年にレギュラーライダーとして参戦も出ていた。しかしドヴィツィオーゾは提示された契約金の増額と、アプリリアのMotoGPプロジェクトへの投資額の増額を要求したと伝えられており、これがアプリリアの親会社であるピアジオと合意に至らなかったようだ。

その後はホンダ、そしてヤマハのテストライダーへの就任の話も出ていたが、2021年は完全にMotoGPからは距離を置き、2022年にレギュラーライダーとしての参戦を目指すようだ。

しかし現在34歳のドヴィツィオーゾの年齢、そして各チームの契約状況を考えると、2022年にレギュラーライダーとして望む条件での参戦は難しいだろう。

(Photo courtesy of michelin)