ポルトガルGP 初日4位アレックス・リンス「ミディアムタイヤで走行を続けた」

ポルトガルGP 初日4位アレックス・リンス「ミディアムタイヤで走行を続けた」

ポルトガルGP 初日4位アレックス・リンス「ミディアムタイヤで走行を続けた」初日の路面コンディションではミディアムタイヤを使用するライダーが多かったようだが、リンスもミディアムタイヤで走行を続け、最後のタイムアタックでソフトタイヤを使用している。土曜日は気温が上がると予想されているが、決勝もコンディション次第ではミディアムタイヤを使用する選手が多くなりそうだ。

Advertisement

限界を探りながらの走行だった

4位 アレックス・リンス 1’40.328 336.4km/h

「今朝の路面コンディションはグリップが低い状況でしたから、限界を探りながらの走行になりました。FP1では良い走りが出来ました。FP2では路面は完全にドライになりましたが、気温は低い状況でした。その中で自分たちは異なるタイヤをいくつか試しています。」
ポルトガルGP 初日4位アレックス・リンス「ミディアムタイヤで走行を続けた」
「しかし、路面温度が低すぎたために有効なテストができず、基本的にミディアムタイヤで走行を続けました。最後にソフトタイヤを履いてタイムアタック行っていますが、これは明日の走行がウェットでタイムが出せなかった時を考えてのことです。」
ポルトガルGP 初日4位アレックス・リンス「ミディアムタイヤで走行を続けた」

Advertisement
ポルトガルGP 初日4位アレックス・リンス「ミディアムタイヤで走行を続けた」
(Source: suzuki-racing)

(Photo courtesy of suzuki-racing)

MotoGPカテゴリの最新記事