トプラック・ラズガトリオグル 2023年までヤマハからFIM スーパーバイク世界選手権(SBK)に参戦

トプラック・ラズガトリオグル 2023年までヤマハからFIM スーパーバイク世界選手権(SBK)に参戦

ヤマハに2020年に移籍したトプラック・ラズガトリオグルは、ヤマハ・モーター・ヨーロッパと新たに2年間の契約を更新。2023年までヤマハからFIM スーパーバイク世界選手権(SBK)に参戦する。トプラック・ラズガトリオグルは移籍後のオーストラリア戦、レース1で優勝し適応力の高さを見せつけたが、その後も表彰台を獲得し、FIM スーパーバイク世界選手権(SBK)のトップライダーの仲間入りを果たしている。

Advertisement
トプラック・ラズガトリオグル 2023年までヤマハからFIM スーパーバイク世界選手権(SBK)に参戦

トプラック・ラズガトリオグル

「ヤマハは家族のようなもので、さらに2年間の契約を結ぶことができて本当に嬉しいです。2020年のシーズンに参加したときよりも、マシンは大きく改善されていると思いますし、契約更新は簡単な決断でした。今年はチャンピオン争いが出来ていて、トップから近い位置にいます。Pata Yamaha with BRIXXチームのピットボックスには最高のスタッフがいて、この目標達成をサポートしてくれています。」

「FIM スーパーバイク世界選手権(SBK)のパドックは素晴らしく、ここでのレースに満足しています。将来的にはMotoGP参戦も可能性としてはありますが、今はFIM スーパーバイク世界選手権(SBK)に完全に集中しています。このような機会を作ってくれたすべての人に感謝しています。そして、ヤマハとともに歩む未来を楽しみにしています。」

(Source: yamaha-racing)

(Photo courtesy of yamaha-racing)

スーパーバイク世界選手権カテゴリの最新記事