MotoGP2021オーストリアGP 予選1位ホルヘ・マルティン「予選ではしっかり自信を取り戻せた」

MotoGP2021オーストリアGP 予選1位ホルヘ・マルティン「予選ではしっかり自信を取り戻せた」

今週末は走行内容が上手くまとまらない印象を感じさせたホルヘ・マルティンだったが、本人の話によるとFP4でしっかりと内容を整理、予選には自信を持って挑むことが出来たようだ。Q1では安定感を発揮してQ2進出を決めると、Q2では勢いそのままにポールポジションを獲得。これで2週連続でポールポジションとなった。決勝レースでも先週同様の走りを期待出来るか。

Advertisement
MotoGP2021オーストリアGP 予選1位ホルヘ・マルティン「予選ではしっかり自信を取り戻せた」

トップ5が目標

ホルヘ・マルティン

信じられないような瞬間もありましたし、予選内容がまた最高でした。今日はいろいろなことを試したんですが、バイクの揺れが収まらずで、まるでルーキーのような走りになってしまっていました。FP3でもトップ5タイムで走行していたんですが、プッシュが必要な時にナーバスな状態のままフロントから転倒、予選に対する自信を失ってしまったんです。その後の走行ではグラベルで意味もない転倒もしてしまったりして。。」
MotoGP2021オーストリアGP 予選1位ホルヘ・マルティン「予選ではしっかり自信を取り戻せた」

Advertisement

その後FP4では解決策を見つけることが出来ました。予選ではしっかりと自信を取り戻すことが出来たんです。リアのグリップもありましたし、ブレーキングでも安定感が戻りました。明日に向けては大きな自信がありますね。ファビオ・クアルタラロ、ヨハン・ザルコがきっと速いでしょうけどね。表彰台を争う選手は多いでしょうが、しっかりとタイヤを温存して表彰台を狙っていきたいと思います。

「予選の最初はチャタリングのような症状がブレーキング時にのみ発生しました。でもル・マンのMoto3クラスでポールポジションを獲得した時も同じことがあったので、最後は思い切ってプッシュしてポールポジションを獲得出来ました。まるで夢のような状況ですね。MotoGPライダーになってポールポジション、表彰台を獲得出来ているんです。

明日はあまりプレシャーを背負いたくないのですが、トップ5が目標です。優勝争いが出来るかもしれませんが、出来なくても焦ることではないでしょう。明日がドライであればタイヤにとっては非常にシビアです。フロントタイヤが特に厳しいでしょう。皆がハードを選択するような気もしますが、自分の場合はハードフロントでフィーリングが不足しているんです。ウォームアップでしっかりとタイヤの確認をしたいですね。」

(Photo courtesy of michelin)

MotoGPカテゴリの最新記事