MotoGP2021ミサノテスト 2日目の総合トップタイムはアレイシ・エスパルガロ

MotoGP2021ミサノテスト 2日目の総合トップタイムはアレイシ・エスパルガロ

ミサノで開催された2日間の公式テストの結果、総合トップタイムを記録したのはDucatiのフランチェスコ・バニャイアだった。なお、2日目の総合トップタイムはアプリリアのアレイシ・エスパルガロとなっている。
サンマリノGP予選8位アレイシ・エスパルガロ「前にいる選手よりペースは良い」

ホンダ

引き続き2022年型バイクをテスト

ホンダはフェアリングが大幅に新しくなった2022年型のRC213Vをテスト。マルク・マルケスは現行のフェアリングを2022年型に合わせたバイクでも走行を行っている。アレックス・マルケスはカーボン補強されたフレーム、マルク、ポル・エスパルガロがアッセンから使用しているフレームのテストなどを行った。

Ducati

新型フェアリングをテスト

初日は2種類のフェアリングをテストしていたが、2日目もフランチェスコ・バニャイア、ジャック・ミラー共に新しいフェアリングと既存フェアリングの比較テストを繰り返し行っていた。ホルヘ・マルティンも同様に新型フェアリングをテストしていたが、サンマリノGPで表彰台を獲得したエネア・バスティアニーニは両日共に転倒。2日目は転倒後テストを早めに切り上げていた。

Advertisement

セッション3

ヤマハ

次回ミサノ戦に備えたテストが中心

ヤマハは2022年型のシャーシテストを行っていたが、メレガッリによるとメインフォーカスは、2021年に2回目が開催されるミサノでのレースに向けた改善点の探求だ。フランコ・モルビデッリは2021年型のM1に体を慣らす作業を続けているが、2日目は2度転倒している。両日ともに70周を走り込んでアメリカGPに備える。

バレンティーノ・ロッシは最後の公式テストをミサノで終え、レースで問題を抱えた電子制御セッティングを煮詰めた。チームメイトのアンドレア・ドヴィツィオーゾは2日間で130周を走行して、M1の理解を進めた。なお、カル・クラッチローはシーズン終了後にヘレスで開催される2022年のプレシーズンテストに先駆けて、アラゴンで2022年型のテストを行うとのこと。

スズキ

新型フレームに好感触

スズキは2日目にフレーム上部がカーボン補強された新型フレームを投入。このフレーム特性をジョアン・ミル、アレックス・リンス両名は好感触を得ているようだ。テストライダーのシルヴァン・ギュントーリはボルドール24時間耐久で優勝した後にテストに合流、早速2022年型のエンジンテストを行っている。

ジョアン・ミルはテストの中でブレーキング性能の向上を確認、リンスも2022年型エンジンがパワフルになっていることを確認出来たようだ。なお、パワーアップに伴ったフェアリングの改良、リアハイトデバイスのチューニングなどが引き続き必要になりそうだ。

セッション4

KTM

新型フェアリングをテスト

KTMは2日目にインテークが大型になり、フェアリングサイドにも大型のウイングを装備した新しいフェアリングを投入。全体的な印象はDucatiに良く似た外観になっているが、これが今後投入されるかどうかは不明だ。

Advertisement

なお、KTMは来年のテック3ラインナップであるレミー・ガードナーとラウル・フェルナンデスがテスト走行を行っており、いずれもアレイシ・エスパルガロから約3秒落ちのタイムを記録した。

アプリリア

アレイシ・エスパルガロがトップタイムを記録

アプリリアはマーべリック・ビニャーレスが引き続きRS-GPで走行を重ねており、2日間合計で149周を走行。なおマーべリック・ビニャーレスが2022年型のパーツには一切手を付けておらず、ひたすらに2021年型のバイクで走行を重ねた。

2日目トップタイムを記録したアレイシ・エスパルガロは新型のフロントフェアリングを含むいくつかのパーツを試してテストを終えている。

MotoGPカテゴリの最新記事