MotoGP2021エミリア・ロマーニャGP マルク・マルケス「タイトな戦いを予想している。」

MotoGP2021エミリア・ロマーニャGP マルク・マルケス「タイトな戦いを予想している。」

前回のミサノ同様に良い形でのレースを期待するマルケス。しかし同じサーキットでのレースとなるため、多くの選手がスピードを上げ、接近戦になることは明らかだ。前回と異なり秋の気候でのレースが予想されるため、路面コンディション、タイヤの選択、バイクのセットアップなどを素早く調整できた選手が有利に事を運ぶことが出来るはずだ。

Advertisement
アメリカズGP初日総合1位マルク・マルケス「この状況でトップは嬉しい」

良い形でシーズンを終えたい

マルク・マルケス

「腕は週末ごとに少しずつ良くなってきています。これから今年最後の3レースが始まるので、ここ最近の良い状態を維持して良い形でシーズンを終えられることを願っています。前回のレースでは、ミラーやミールと面白いバトルができたので、今回もトップ争い出来ることを期待しています。」

「同じサーキットでの再戦は、個人的には好きではありません。異なるサーキットでのレースのほうがショーの面、ライディング面で楽しいですから。多くのことに適応しなければなりませんし、すべてがよりダイナミックになりますからね。すでにレースやテスト、練習走行が行われているサーキットということは、誰もが速く走る方法を知っているということです。ラップタイムはが接近してタイトになるので、速く走らなければなりませんから。」

「初回のミサノはとても暑かったんでが、今回は気温が下がるようです。暑いコンディションで苦戦したライダーが、今回はスピードを発揮するかもしれません。同時に、セットアップも少し調整しなければならないでしょう。もしフラッグtoフラッグレースになるようであれば、自分自身を環境に適応させなければならないのは明らかです。」

「同じサーキットでのレースではありますが、バイクのフィーリングは異なるでしょうし、タイヤのことも理解しなければなりませんね。」

(Source: HRC)

(Photo courtesy of michelin)

MotoGPカテゴリの最新記事