予選2位 フランチェスコ・バニャイア「優勝は出来ると思わないようにする」MotoGP2022オーストリアGP

予選2位 フランチェスコ・バニャイア「優勝は出来ると思わないようにする」MotoGP2022オーストリアGP

予選2位となったフランチェスコ・バニャイアは、レースペースは良いが優勝は出来ると思わないようにしていると語る。今年はすでにポイント挽回のチャンスを逃しているため、優勝出来ると思って油断して走行しないようにする必要がある。新たに試したシートフェアリングについては、今後個別でテストして状況を確認したいとする。

Advertisement

今回の結果には満足している

フランチェスコ・バニャイア

「転倒したバイクのほうが気に入っていたので、それを必至に直してくれたチームに感謝しています。今週末はスタートに苦戦していて、FP2で改善したものの、FP4時点でさらに前進することが出来ました。予選に関しては新しいタイヤで走行中に毎回ワイドになってしまうなど妙な感触でした。ファーストスティントではタイムを計測出来ずに終わったんです。2回目のスティントではちゃんと走行することが出来てフィーリングも良かったですね。今日の結果には満足しています。」

「自分のレースペースは非常にいいですね。リアタイヤの消耗もコントロール出来ると思います。しかし優勝出来るとは思わないようにしています。ポイントを挽回をする必要があるのはわかっているのですが、過去にこうしたミスをすでに2回しています。優勝のことは考えずにポイントのことをしっかりと考えたいと思います。」

「もちろん優勝が可能であれば優勝したいと思いますが、優勝することだけに集中しないようにしたいと思います。個人的にはスプリントレースに対して賛成とも反対とも言えません。全く異なることですから、どのような形でレースが進んでいくかわかりません。スタート直後のシケインはカオスな状況になるでしょう。1周目は皆が落ち着いて走行してくれるといいですが、誰もそれを守るわけではないでしょうね。」

「今回はエネアとザルコのデータを見て、新しいリアウイングを試してみようと思いました。彼らは良い走行をしていますが、実際はリアだけではなくて、フロントとセットのパッケージなんです。全体のパッケージではフロントのほうが違いが大きく、リアはあまり違いを感じていません。ミサノテストではリアだけを試してみようと思っています。パッケージとして大型ですので、トップスピードの面でメリットがあるかもしれません。」

(Photo courtesy of Ducati)

MotoGPカテゴリの最新記事