WSBKポルトガル戦 レース1 3位ジョナサン・レイ「ギャップを維持するだけで精一杯だった」

WSBKポルトガル戦 レース1 3位ジョナサン・レイ「ギャップを維持するだけで精一杯だった」

ジョナサン・レイは今週末のスーパーポールでポールポジションを獲得し、レース1で序盤の5周をリード。しかしレース中盤にトプラック・ラズガットリオグルにターン1のブレーキングでオーバーテイクされ、終盤にアルヴァロ・バウティスタでメインストレートで抜かれ、3位でレースを終えた。

Advertisement

アルヴァロに挑むことが出来なかった

ジョナサン・レイ

「スーパーポール自体は良かったですね。グリップがある時はすべてをコントロール出来る印象なんですが、最終コーナーのスライド以外は非常に良かったですね。レースでは良いスタートをポールポジションから決めることが出来ました。」

「リアはハードタイヤを使用していました。昨日のロングラン終了時点でハードタイヤが良いだろうと思っていたんです。SC0タイヤよりも競争力があるだろうと思っていたんです。レースが21周から14周になったことでプランが少し変わってしまいましたね。」

「レースではミスをつかれてトプラックに抜かれてしまい、その後アルヴァロにも抜かれました。セクター4、セクター1序盤でかなり差をつけられてしまったので、彼に挑むことは出来ませんでした。ギャップを維持するだけで精一杯でしたね。」

(Photo courtesy of KRT)

スーパーバイク世界選手権カテゴリの最新記事