★MotoGP2018バレンシアGP 決勝レース1結果

MotoGPクラスの決勝レース1結果です。大波乱の展開となった最終戦は雨が強くなったことにより、途中赤旗で中断となり、レースはレース1、レース2という形式で行われました。レース1ではスタートから飛びだしたスズキのアレックス・リンスがレースをリード。ドヴィツィオーゾ、マルケス、ポル・エスパルガロなどが追い、さらに16番手スタートのロッシが上位に浮上。逆にポールスタートのマーべリック・ビニャーレスは後方に沈みます。

Sponsored Link

スタートしてからすぐにレースはサバイバルレースの様相を呈し、アレイシ・エスパルガロ、ジャック・ミラーが転倒。トーマス・ルティ、ダニロ・ペトルッチも転倒。さらに表彰台圏内で走っていたマルケスも転倒し再び左肩を脱臼。さらにアンドレア・イアンノーネ、キャリアアベストとなる5番手で走行していたフランコ・モルビデッリも転倒します。またマーべリック・ビニャーレスも転倒しリタイアとなります。

その後レースは雨が強くなったことで赤旗中断となります。この時点でわずか16名の選手しかトラック上に残っておらず、この時点で、1位アレックス・リンス、2位アンドレア・ドヴィツィオーゾ、3位バレンティーノ・ロッシ、4位ダニ・ペドロサ、5位ヨハン・ザルコ、6位中上 貴晶、7位アルヴァロ・バウティスタ、8位アレイシ・エスパルガロ、9位スコット・レディング、10位ハフィズ・シャーリン、11位ホルへ・ロレンソ、12位ステファン・ブラドル、13位ミケーレ・ピッロ、14位カレル・アブラハム、15位ジョルディ・トーレス、16位ブラッドリー・スミスという結果となりました。

特筆すべきは途中転倒し4番手から16番手まで順位を落としたポル・エスパルガロが、赤旗中断となる13周目には8番手にまで順位を回復したことで、この後さらなるドラマが展開されます。

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link