アンドレア・ドヴィツィオーゾ 6月のDTMミサノ戦出場に向けてミサノで183ラップをこなす

Ducatiのアンドレア・ドヴィツィオーゾは6月8日〜9日にかけてDTMミサノ戦に出場しますが、これに備えてアウディのRS5 DTMで練習走行をミサノで行いました。

ドヴィツィオーゾが610馬力のこの車両で183周を周回。コーチとしてアウディのDTMドライバーであり、2度DTMチャンピオンを獲得しているマティアス・エクストロームがついており、ドヴィツィオーゾはレース出場前に貴重なアドバイスを受けた形です。

アンドレア・ドヴィツィオーゾ

「ミサノでテスト出来たことは本当に重要でした。DTMのレベルは極めて高いですし、ドライビング中にやるべきことが沢山ありますからね。チームとマティアス・エクストロームの助けもあり、フロントランナー達に少しでも近づくために周回を重ねました。」

(Source: audi)

(Photo courtesy of audi)