MotoGP2019イタリアGP ドヴィツィオーゾ「自分に集中しているからチャンピオンシップ争いが出来ている」

MotoGP2019イタリアGP ドヴィツィオーゾ「自分に集中しているからチャンピオンシップ争いが出来ている」

マルケスと戦うにはまだまだパッケージの改善が必要だと改めて語ってドヴィツィオーゾ。エンジンパワーという優位性が薄れてきている中で、ホームレースでマルケスを抑えることが出来るか?

アンドレア・ドヴィツィオーゾ

「ここではすべてのDucatiがスピードを発揮しますが、ペースの改善は常に必要です。ライバルは毎年速くなっていて、その違いはレースでのみわかるんです。チャンピオンシップ優勝が出来ないのはパッケージに問題があるからです。これはバイク、そしてライダーの問題なんです。皆が異なるバイクでレースをしているので、その中での違いについてはある程度のことは言えるが、実際はどうなるかわかりません。マルクがDucatiに乗ってもどうなるかわかりませんし、とにかく自分に集中して作業を続けていくことが必要です。だからこそ今までチャンピオンシップ争いが出来ているんですよ。」

「DTMに関してはテスト走行をしました。コーナーで車体がリーンしないのが怖いですね。しかしスピードを上げても車体が暴れませんし、スピードが上がるほどにダウンフォースが増すので安定しています。車のラインは完全に異なっていて色々と走りながら気を使う必要があります。バイクは走りにしっかりと集中出来ます。とにかく良い経験でした。レースでは良い結果に対するプレッシャーはありませんが、恥ずかしくないような走りが出来るどうかが心配です(笑)」

(Source: Ducati)

(Photo courtesy of michelin)

Ducatiカテゴリの最新記事