SBK第9戦ラグナ・セカ レース1 3位ラズガトリオグル「レースタイヤのフィーリングが最高だった」

昨日まで良いフィーリングが得られなかったトプラックはFP3で改善、バウティスタの転倒によって助けられた側面はあるとは言え、レースにおいてしっかりと結果を残した。

トプラック・ラズガトリオグル

「FP2で良いフィーリングがなかったんですが、今朝バイクのセッティングを変えて良いフィーリングを得ました。予選はあまり良くなかったものの、レースタイヤのフィーリングは素晴らしかったですね。レースではジョニーについて行こうとしたんですが無可能でした。バウティスタが転倒した後に後続ライダーとの差を確認したんですが、表彰台に登れるチャンスとわかり嬉しかったですね。昨年は大クラッシュでしたが、今回は表彰台を獲得出来たことが嬉しいですね。」

(Source: KRT)

(Photo courtesy of KRT)