SBK第9戦ラグナ・セカ レース1優勝レイ「とにかくミスをしないよう気をつけていた」

イギリスでバウティスタを抜いてチャンピオンシップスタンディングトップとなったレイは、アメリカでさらにそのリードを広げた。ミスをしないよう気をつけていたと語るとおり、終始安定したペースで危なげなく走行した。


ジョナサン・レイ

「今週末は良いペースだと感じていました。Ducatiの2人が接近しているとわかっていましたが、自分が基準タイムを作っている時間がありました。今日はとにかく序盤からレースをリードしたいと考えていましたし、グリッドポジションも有利でした。オーバーテイクが難しいトラックですので、ミスをしないように気をつけていたんです。ミスをせずリズムを維持して走行するというとつまらなく感じますが、体調も良くてずっとライディングを続けられる感覚があったんです。チームも素晴らしいバイクを用意してくれましたし、スタート時点で素晴らしいメカニカルグリップがありましたね。」

(Source: KRT)

(Photo courtesy of KRT)