SBK第9戦ラグナ・セカ レース2 2位レイ「ラグナ・セカで2勝出来るとは思っていなかった」

地元イギリスでチャンピオンシップ首位に立ったレイは、アメリカでアルヴァロ・バウティスタの2連続転倒もあって、そのポイント差をさらに広げて夏休みに突入する。苦戦しつつも着実にポイントを獲得する安定感が大きな強みとなっている。

ジョナサン・レイ

「ここで新レコードを記録、2勝出来るなんて言われても信じられなかったと思います。ですから最高の週末でしたね。スーパーポールレースからレース2ではバイクを少し変更しました。ただフィーリングは全く別物でした。フロントがかなり動き回ってしまい、それまでずっと素晴らしいフロントフィーリングだったものが変わってしまい何度か転倒しそうにもなりました。レース2ではとにかく完走することを意識してこの目標を達成したんです。とにかく今週末に関しては満足しています。夏休みが楽しみですよ。」

(Source: KRT)

(Photo courtesy of KRT)