SBK第12戦サン・フアン・ビリカム ロウズ「アルゼンチンはライディングが楽しいトラック」

来年はジョナサン・レイのチームメイトとしてKRTに移籍するのではと囁かれるロウズ。常にトップで走行しているが、表彰台争いに参加出来ている回数は少ない。チャンピオンシップスタンディングでは3位だが、ファン・デル・マーク、ハスラム、ラズガトリオグルが接近している。

アレックス・ロウズ

「昨年はアルゼンチンでの初レースとなり、最高に楽しみました。トラックは極めてテクニカルで、向き変え、高速セクション、ロングストレートもあり、ライディングが楽しいですね。高低差もありますし、山に囲まれた見たもいいです。金曜から、土曜、日曜にかけて表彰台争いが出来るように努力しています。」

(Source: yamaha-racing)

(Photo courtesy of yamaha-racing)