Red Bull KTMファクトリーレーシング 2020年にブラッド・ビンダーを起用、レクオーナはRed Bull KTM Tech3から参戦

  • 2019.10.24
  • KTM
Red Bull KTMファクトリーレーシング 2020年にブラッド・ビンダーを起用、レクオーナはRed Bull KTM Tech3から参戦

Red Bull KTMは2020年のMotoGPラインナップを決定した。Red Bull KTMファクトリーレーシングはポル・エスパルガロとブラッド・ビンダーとなり、Red Bull KTM Tech3はミゲル・オリヴェイラとイケル・レクオーナというラインナップとなる。当初ブラッド・ビンダーがRed Bull KTM Tech3と発表されていたが、ヨハン・ザルコの離脱劇の結果、ビンダーがRed Bull KTMファクトリーレーシングシートを掴んだ形だ。

イケル・レクオーナはMoto2で2018年、2019年に表彰台を獲得しており、2020年はMoto2での契約を確保していた。しかし今回の人事で、Red Bull KTM Tech3に加入することでビンダー同様にMotoGPシートを得ることとなった。

KTMモータースポーツディレクター ピット・バイラー

「今季途中の(ヨハン・ザルコ離脱)発表により、2020年のKTMのプランは大きく変わる必要がありました。色々な方向性を模索した結果、しっかりと経験を積んだ若き結果に飢えたライダー達を起用することにしました。ブラッドはKTMのグランプリ参戦体制の中で育ったライダーですし、彼が今まで通りの熱い走り、そしてけして諦めない姿勢を示してくれるでしょう。イケルはRed Bull KTM Tech3チームに加入することになりますが、エルベ・ポンシャラルとクルー達が、今年ミゲル・オリヴェイラを育ててくれるように彼をしっかりと育ててくれると確信しています。KTMのMotoGPプロジェクトは素晴らしいステップを踏んでいると思いますし、来年の体制が確定したことで新たなKTMのMotoGPプロジェクトに向けて邁進していきたいと思います。」

Red Bull KTMチームマネージャー マイク・レイトナー

「2020年の新たなラインナップには満足しています。かなり長い期間議論してきましたが、KTMが最終的に出した決断に関して満足しています。ポルは強力なライダーで素晴らしい結果を残しています。またブラッドが別のカテゴリーで成し遂げていることを考えると期待が出来ます。彼にとっては本当に大きなチャンスですが、彼がMotoGPで素晴らしい未来を掴むことを確信していますよ。」

Red Bull KTM Tech3 エルベ・ポンシャラル

「2020年のKTMラインナップとして最高の布陣が揃いました。優れた、情熱があり、KTMのプロジェクトにコミットしてくれる4名のライダーを求めていました。個人的にはイケルのような若くて才能に溢れたライダーと仕事が出来るのは素晴らしいことです。これが未来へと続く道ですし、今までも他のチームが同様の形で成功を収めてきました。しっかりとした技術サポートと素晴らしい人材も揃っています。来年2年目となるミゲル、そしてイケルと共に大きく成長出来ると確信しています。」

Lecuona, Moto2, Argenttine MotoGP 2019

(Source: KTM)

(Photo courtesy of KTM)

KTMカテゴリの最新記事