SBK最終戦カタール ロウズ「今シーズン限りで家族のように感じていたチームとお別れなのは悲しい」

最終戦までチームメイトのファン・デル・マークとランキング3位を争ったロウズだが、目標としていたランキング3位を獲得して、チーム、そしてヤマハを去ることになる。来季は最強王者であるレイとチームメイトとなりKRTで戦うこととなる。

アレックス・ロウズ

「カタールで素晴らしいレース結果と共にシーズンを終えられたのは良かったですね。ヘレスの最悪な週末、それからレースをリードしながら転倒したミサノを除けば、トップ6で常に戦ってきました。今年の目標はランキング3位でシーズンを終えることでした。誰もがチャンピオンになりたいと思っていますが、前年の成績をまずは上回ることが必要なんです。常に学び、前進していくことです。今年はそういう意味では良い学びとなりました。」

「今シーズン限りで、素晴らしい雰囲気を持ち家族のように感じていたチームとお別れなのは悲しいですし、クレセントとヤマハと別々の道を行くというのは不思議な感覚です。来シーズンはまた新しいチャレンジが始まりますが、今日は自分と一緒に努力し、今シーズンの目標達成を助けてくれたチームと共に楽しみたいと思います。」

(Source: yamaha-racing)

(Photo courtesy of michelin)