MotoGP2019オーストラリアGP クアルタラロ「ペトルッチに突っ込まれなくても難しいレースだった」

FP1のハイサイドで足首を痛めながら、Q1からQ2に進出、フロントローを獲得したファビオ・クアルタラロだったが、リアにハードを選択したことでターン2でミス。これによって同じくミスをしたペトルッチに突っ込まれることとなった。とは言え今年はルーキーイヤーで経験を積む年。今週末、チームのホームGPとなるセパンでは優勝争いに期待したい。

ファビオ・クアルタラロ

「正直タフな週末でした。金曜に激しく転倒して日曜も転倒となりました。今朝はQ1を通過してフロントローを獲得して良い流れだったんです。タイヤチョイスが難しくて、終わった今はソフトが良かったと言えますがハードを選択したんです。」

「ハードタイヤを履いたライダー達がターン2でミスをしており、自分もペトルッチも他のライダーもミスをしていました。自分のレースはペトルッチに突っ込まれたことで終わりましたけど、彼に突っ込まれていなくても難しかったでしょう。」

「あのまま芝に突っ込んでレースを終えていたかもしれませんし、いずれにしても表彰台やTOP5を獲得出来るようなレースではありませんでした。今日は良いレースが出来たはずですが、こうした経験をルーキーの今年経験出来ているのが良いですね。」

(Source: yamaha-racing)

(Photo courtesy of michelin)