BMW EICMAでConcept R 18 /2を発表

Concept R 18 /2

BMWはEICMAでクルーザータイプのコンセプトバイク R 18 /2を公開した。過去のBMWと未来のBMWの融合という形で、BMWによると「アクティブなライディングのための感情を揺さぶるバイクで、既存のコンセプトバイク同様のバックボーンを使用することで、顧客が望む特性、顧客が望む夢を実現した」とのこと。


Concept R 18 /2

Concept R 18 /2
Concept R 18 /2

Concept R 18 /2

Concept R 18 /2はスポーティーでありながらモダンなバイクでダイナミックのライディングを提供する。ボディーパーツは全てキャンディーアップルレッドメタリックで仕上げられている。エンジンは2気筒の空油冷ボクサーエンジンで、排気量は1800ccとなる。

日本のCUSTOM WORKS ZONによる「Departed」、テキサスのRevival Cyclesによる「The Revival Birdcage」、BMW Motorradによる「Concept R 18」に続いて、「Concept R 18 /2」はBMW Motorradの大排気量ボクサーエンジンを使用したカスタムバイクの第4弾となる。

Concept R 18 /2

車体の特徴としてはループフレーム、ティアドロップ型燃料タンク、ユニバーサルシャフト駆動、その他には19インチフロントホイール、16インチリアホイールを採用している。さらにはブレーキはブレンボ製で、エキゾーストはHattech製のステンレススチールテールパイプを採用した。
Concept R 18 /2
Concept R 18 /2

Concept R 18 /2
Concept R 18 /2

Concept R 18 /2

Concept R 18 /2
Concept R 18 /2
Concept R 18 /2

Concept R 18 /2
Concept R 18 /2
Concept R 18 /2
Concept R 18 /2

(Source: BMW)

(Photo courtesy of BMW)