バレンシアGP 予選12位ロッシ「12番手スタートは理想的と言い難い」

FP3までは悪くない位置で走行していたロッシだが、予選では渋滞に巻き込まれたことでタイムを出せず、Q2では最下位となり12番手からのスタートとなった。ある程度の挽回は出来るはずだが、レースペースもそこまで良くないため、追い上げには苦戦しそうだ。

バレンティーノ・ロッシ

「FP3は素晴らしい走行が出来ましたのでQ2にそのまま進出することが出来ました。しかし午後の予選はミスをしてしまいました。セカンドタイヤを使用している時に渋滞に巻き込まれてしまい、良いタイムを記録することが出来ませんでした。いずれにしても12番手からスタートするのは理想的とは言えません。ペースも悪くないとは言え、良くもありませんから厳しいですね。それにこのトラックはオーバーテイクが難しいですし。しかしポジションを挽回するために最大限でプッシュする必要があります。」

(Source: yamaha-racing)

(Photo courtesy of michelin)