バレンティーノ・ロッシ ペトロナス・ヤマハ・SRTから1年契約で参戦との噂

バレンティーノ・ロッシ
バレンティーノ・ロッシ

ロッシのペトロナス・ヤマハ・SRT加入が濃厚

2020年でモンスターエナジー・ヤマハMotoGPを去ることが決まっているバレンティーノ・ロッシは、2021年に1年契約でペトロナス・ヤマハ・SRTに加入することがほぼ確定したようだ。契約内容としては2021年の1年契約で、2022年のオプションもあるというものだ。

技術パッケージについては、リン・ジャービスが「ヤマハはバレンティーノを支えていきます。もし彼がスピードに自信を感じ、MotoGP参戦を続けるなら、ヤマハはフルファクトリースペックのYZR-M1とエンジニアリングサポートを提供します。」と過去に語っていることから、ファクトリースペックのYZR-M1が供給され、現在の彼のチームを引き連れていくことになるはずだ。

バレンティーノ・ロッシのチームメイトは現在もペトロナス・ヤマハ・SRTから参戦するフランコ・モルビデッリになるはずで、師弟関係にある2人が同じチームで共に戦うということで、良い相乗効果がありそうだ。詳細については来週以降に発表となると予想される。

フランコ・モルビデッリ
フランコ・モルビデッリ

(Photo courtesy of michelin)