アンドラのサーキット・アンドラ・パス・デ・ラ・カサが再稼働を開始

アンドラ在住のライダー達がトレーニングを開始

フランスとスペインの国境に位置するアンドラ公国に位置するサーキット・アンドラ・パス・デ・ラ・カサが13日に再稼働を開始した。これはアンドラ政府、スポーツ経済健康省、アンドラ自動車連盟、アンドラモーターサイクル連盟、レアーレ・アビンティア・レーシングの協力によるもの。ジョアン・ミールなども以前のインタビューで、アンドラにおけるトレーニング再開を要望する声を上げていたが、7月のシーズン開幕に向けて朗報と言えるだろう。

10人以上のライダーが同時にトレーニングを行わないように、2グループに分かれてライダー達はトレーニングを行う。グループ1はMotoGPクラスのライダーがほとんどを占め、ペースの差を考えても妥当なグループ分けなのだろう。

アンドラに拠点を置くライダーはMotoGPクラスではマーべリック・ビニャーレス、ファビオ・クアルタラロ、アレックス・リンス、ジョアン・ミール、ティト・ラバト、アレイシ・エスパルガロ、ポル・エスパルガロ、イケル・レクオーナなどがおり、Moto2クラスではホルへ・マルティン、Moto3クラスではジョン・マクフィーなどがいる。

グループ1

マーべリック・ビニャーレス
アレックス・リンス
ジョアン・ミール
ファビオ・クアルタラロ
ポル・エスパルガロ
アレイシ・エスパルガロ
ティト・ラバト
ホルヘ・マルティン
アルバート・アリーナス

グループ1

ジョン・マクフィー
シャビエル・シメオン
シャビ・カルデルス
チャズ・デイビス
シャビ・フォーレス
レオン・キャミア
ジュールス・クルーゼル
エクトル・バルベラ
ランディ・ド・プニエ
フレディ・フォレット
マイケル・フダラ