Ducati(ドゥカティ)新型ハイパーモタード950 RVEバージョンを発表

Ducatiの新型ハイパーモタード950 RVEバージョンはストリートアートにインスピレーションを得たグラフィティを模したカラーリングが特徴だ。モデルとしてはスタンダードバージョンのハイパーモタード950と、トップバージョンのハイパーモタード950 SPの中間に位置するモデルで、ドゥカティ・クイック・シフト(DQS)アップ/ダウンEVOを搭載して、エレクトロニクス・パッケージを強化している。



このモデルは2019年にコモ湖(イタリア)のチェルノッビオで開催された、コンコルソ・デ・エレガンツァ・ヴィラ・デ・エステで受賞したハイパーモタード950コンセプトをベースにしており、このグラフィティを再現するために薄手のデカールを使用しているのが特徴。

エンジンは937ccの2気筒テスタストレッタ11°エンジンを搭載。最高出力は114ps/9,000rpm、最大トルクは9.8kgmとなる。ハイパーモタード950 REVは、7月にヨーロッパのドゥカティ・ディーラーに登場し、日本での発売時期、価格などは未定だ。


(Source: Ducati)

(Photo courtesy of Ducati)