WSBKアラゴン戦 初日総合8位スコット・レディング「FP2からラップタイムを改善することが出来た」

スコット・レディング

スコット・レディングはFP1ではフィーリングに苦戦、しかし午後には暑いコンディションでソフトタイヤを使用せずにタイムを改善。FP2でベストタイムを記録したジョナサン・レイと僅差でFP2において3位タイムを記録した。スコット・レディング

セットアップを改善出来たことが重要

スコット・レディング

「FP1は苦戦しましたが、FP2の序盤からラップタイムを改善出来ました。ユーズドタイヤを使用しながら改善を続けています。もちろんまだ改善が必要な部分もありますが、自信はあります。明日の天候は少し異なっているでしょうが、条件は全員同じです。重要なのはセットアップが改善していることです。」スコット・レディング(Source: Ducati)

(Photo courtesy of Ducati)