スーパーバイク世界選手権 テルエル戦レース1 DNFアルヴァロ・バウティ「ポジティブ面に集中したい」

アルヴァロ・バウティスタ

終盤にギアチェンジの問題が発生し、失ったポジションを挽回しようとしたミスで転倒したアルヴァロ・バウティスタ。十分に表彰台獲得が出来るレースだっただけに今週末の残り2戦も期待が出来る。
アルヴァロ・バウティスタ

チームに申し訳なく思う

アルヴァロ・バウティスタ

「良い結果を残したいと思っていたので、チームには本当に申し訳なく思います。今回は素晴らしいスタートから、前回までのレースよりも序盤に良い走行が出来ていました。このこと自体は非常にポジティブでしょう。」

「ペースもリナルディ以外のフロントランナー達についていくことが出来ました。終盤まで表彰台争いが出来ていたんですが、いくつかのコーナーでのギアチェンジに問題が出るようになってきてしまったんです。これであるコーナーでワイドになってしまいデイビスに抜かれました。」

「限界で走行していることはわかっていましたが、なんとかポジションを守ろうとした結果転倒してしまったんです。4位で満足しなかった自分に頭に来てはいますが、同時に3位獲得のためにプッシュをしなかったとしたら、それもまた頭にきたでしょう。」

「素晴らしい作業をしてくれたチームには申し訳なく思います。今回はトップグループでレースが出来ましたし、予選結果も過去最高でした。こうしたポジティブな面に集中する必要があるでしょう。明日はまた2度、自分達のハードワークの成果を発揮する機会があります。」

(Source: HRC)

(Photo courtesy of HRC)