ピレリ(Pirelli)レースレビュー テルエル戦でスタンダードソリューションが白熱のバトルを支える

ピレリ(Pirelli)テルエル戦の2日目は、ピレリ(Pirelli)のスタンダードタイヤによって白熱のバトルが展開された。FIM スーパーバイク世界選手権(SBK)第5戦のテルエル戦はDucati、カワサキが表彰台を独占した。

ジョナサン・レイはレース2で圧倒的な存在感を発揮。レース前半は3位で完走したスコット・レディングとのバトルを展開、後半は2位で完走したマイケル・ルーベン・リナルディとのバトルとなった。

午前中のスーパーポールレースでは、スコット・レディングがジョナサン・レイを従えて優勝。3位はマイケル・ルーベン・リナルディだった。アンドレア・ロカテッリはワールドスーパースポーツで9連勝を達成している。

フロントタイヤに関してはスタンダードSC1、リアにはスタンダードSC0、SCXタイヤが用意され、スーパーポールレースでは、全てのライダーがフロントにスタンダードソフトSC0(オプションA)を使用、リアにスタンダードスーパーソフトSCX(オプションA)を使用した。

WorldSBKレース2ではフロントに全てのライダーがスタンダードSC1(オプションA)を使用、リアには多くのライダーがスタンダードスーパーソフトSCX(オプションA)を使用、ジョナサン・レイとチャズ・デイビスがスタンダードSC0(オプションB)を使用した。

WorldSSPレース2では全てのライダーがリアにスタンダードソフトSC0(オプションA)を使用。フロントには大多数がスタンダードSC1(オプションA)を使用、ビニャーレスとエピスがSC2(オプションB)を使用している。

WorldSBK スーパーポールレース

ジョナサン・レイとスコット・レディングが素晴らしいスタートをして、序盤から激しいバトルを展開。その後ろからマイケル・ルーベン・リナルディ、トプラック・ラズガトリオグル、トム・サイクスが伺う展開。

ジョナサン・レイは最初の4周でスコット・レディングを追い抜こうとするが、プレッシャーをかけてもレディングはミスを犯さない。9番手スタートのアレックス・ロウズは後方で1’49.686と最速タイムを記録。順位を上げてリナルディの後ろで4位となる。

3周後にアレックス・ロウズ、アルヴァロ・バウティスタ、チャズ・デイビスが4位争いを展開。最後までバトルは続き、アルヴァロ・バウティスタが4位となった。スコット・レディングはレース1の転倒の挽回を優勝という最高の形で飾った。2位にはジョナサン・レイ、3位マイケル・ルーベン・リナルディとなった。

WorldSBK スーパーポールレース結果

S. Redding (ARUBA.IT Racing – Ducati / Ducati Panigale V4 R)
J. Rea (Kawasaki Racing Team WorldSBK / Kawasaki ZX-10RR)
M. R. Rinaldi (Team GOELEVEN / Ducati Panigale V4 R)
Á. Bautista (Team HRC / Honda CBR1000RR)
C. Davies (ARUBA.IT Racing – Ducati / Ducati Panigale V4 R)
A. Lowes (Kawasaki Racing Team WorldSBK / Kawasaki ZX-10RR)
T. Razgatlioglu (PATA YAMAHA WorldSBK Official Team / Yamaha YZF R1)
L. Haslam (Team HRC / Honda CBR1000RR)
T. Sykes (BMW Motorrad WorldSBK Team / BMWS1000 RR)
M. van der Mark (PATA YAMAHA WorldSBK Official Team / Yamaha YZF R1)
L. Baz (Ten Kate Racing Yamaha / Yamaha YZF R1)
F. Caricasulo (GRT Yamaha WorldSBK Junior Team / Yamaha YZF R1)
G. Gerloff (GRT Yamaha WorldSBK Junior Team / Yamaha YZF R1)
E. Laverty (BMW Motorrad WorldSBK Team / BMW S1000 RR)
M. Scheib (ORELAC Racing VERDNATURA / Kawasaki ZX-10RR)
X. Fores (Kawasaki Puccetti Racing / Kawasaki ZX-10RR)
M. Melandri (Barni Racing Team / Ducati Panigale V4 R)
M. Ferrari (Motocorsa Racing / Ducati Panigale V4 R)
S. Barrier (Brixx Performance / Ducati Panigale V4 R)
R. Ramos (OUTDO Kawasaki TPR / Kawasaki ZX-10RR)
T. Takahashi (MIE Racing Althea HONDA Team / Honda CBR1000RR)

WorldSBKレース2

ジョナサン・レイが素晴らしいスタート。1周目の終わりにスコット・レディングに捕まり2位となる。2人の後ろにはマイケル・ルーベン・リナルディが控え、さらにアルヴァロ・バウティスタ、チャズ・デイビスも後に続く。

リナルディは4周目に最速タイムとなる1’50.338を記録。これでピレリ(Pirelli)ベストラップアワードを獲得し、徐々にレイとレディングとの差を詰めていく。白熱する2人のバトルを利用したマイケル・ルーベン・リナルディは機会を伺ってトップに浮上。

レディングとレイのバトルは2位争いにでも続くが、レイがレディングを抜き去り、前を行くマイケル・ルーベン・リナルディとの差を詰めていく。マイケル・ルーベン・リナルディはレイからの激しいプレッシャーを受けながらもレイをしっかりと押さえてレースを展開する。最終的にレイはマイケル・ルーベン・リナルディを追い抜いて優勝を手にした。2位はリナルディ、3位レディングとなった。

WorldSBKレース2結果

J. Rea (Kawasaki Racing Team WorldSBK / Kawasaki ZX-10RR)
M. R. Rinaldi (Team GOELEVEN / Ducati Panigale V4 R)
S. Redding (ARUBA.IT Racing – Ducati / Ducati Panigale V4 R)
L. Haslam (Team HRC / Honda CBR1000RR)
A. Lowes (Kawasaki Racing Team WorldSBK / Kawasaki ZX-10RR)
M. van der Mark (PATA YAMAHA WorldSBK Official Team / Yamaha YZF R1)
T. Razgatlioglu (PATA YAMAHA WorldSBK Official Team / Yamaha YZF R1)
L. Baz (Ten Kate Racing Yamaha / Yamaha YZF R1)
F. Caricasulo (GRT Yamaha WorldSBK Junior Team / Yamaha YZF R1)
G. Gerloff (GRT Yamaha WorldSBK Junior Team / Yamaha YZF R1)
E. Laverty (BMW Motorrad WorldSBK Team / BMW S1000 RR)
M. Melandri (Barni Racing Team / Ducati Panigale V4 R)
X. Fores (Kawasaki Puccetti Racing / Kawasaki ZX-10RR)
M. Ferrari (Motocorsa Racing / Ducati Panigale V4 R)
R. Ramos (OUTDO Kawasaki TPR / Kawasaki ZX-10RR)
T. Takahashi (MIE Racing Althea HONDA Team / Honda CBR1000RR)
RT. Á. Bautista (Team HRC / Honda CBR1000RR)
RT. C. Davies (ARUBA.IT Racing – Ducati / Ducati Panigale V4 R)
RT. T. Sykes (BMW Motorrad WorldSBK Team / BMWS1000 RR)
RT. M. Scheib (ORELAC Racing VERDNATURA / Kawasaki ZX-10RR)
RT. S. Barrier (Brixx Performance / Ducati Panigale V4 R)

WorldSSPレース2

素晴らしいスタートを切ったのはアイザック・ビニャーレスで、ジュールズ・クルーゼルとロカテッリが続く。ビニャーレスは順位を落とし2位にロカテリが浮上。しかしデ・ロサがすぐに2位ポジションを奪う展開でクルーゼルを追う。

5周目にトップ集団を走る2人が接触。2人はグラベルに突っ込んでレースを終える。これでマヒアスの前のロカテッリが独走。残る数周の段階でエッテルとビニャーレスのバトルが勃発。3位を獲得したのはビニャーレスで、2位にルカス・マヒアス、優勝はアンドレア・ロカテッリとなった。

WorldSSPレース2結果

A. Locatelli (BARDAHL Evan Bros. WorldSSP Team / Yamaha YZF R6)
L. Mahias (Kawasaki Puccetti Racing / Kawasaki ZX-6R)
I. Viñales (Kallio Racing / Yamaha YZF R6)
P. Oettl (Kawasaki Puccetti Racing / Kawasaki ZX-6R)
H. Soomer (Kallio Racing / Yamaha YZF R6)
P. Sebestyen (OXXO Yamaha Team Toth / Yamaha YZF R6)
C. Perolari (GMT94 Yamaha / Yamaha YZF R6)
M. Gonzalez (Kawasaki ParkinGO Team / Kawasaki ZX-6R)
S. Odendaal (EAB Ten Kate Racing / Yamaha YZF R6)
D. Webb (WRP Wepol Racing / Yamaha YZF R6)
A. Carranza (EMPERADOR Racing Team / Yamaha YZF R6)
G. Hendra Pratama (bLU cRU WorldSSP by MS Racing / Yamaha YZF R6)
A. Bassani (Soradis Yamaha Motoxracing / Yamaha YZF R6)
F. Fuligni (MV Agusta Reparto Corse / MV Agusta F3 675)
A. Verdoïa (bLU cRU WorldSSP by MS Racing / Yamaha YZF R6)
L. Cresson (OXXO Yamaha Team Toth / Yamaha YZF R6)
M. Herrera (Dynavolt Honda / Honda CBR600RR)
L. Epis (MPM Routz Racing Team / Yamaha YZF R6)
P. Hobelsberger (Dynavolt Honda / Honda CBR600RR)
RT. L. Montella (DK MOTORSPORT / Yamaha YZF R6)
RT. R. De Rosa (MV Agusta Reparto Corse / MV Agusta F3 675)
RT. J. Cluzel (GMT94 Yamaha / Yamaha YZF R6)
RT. K. Manfredi (Altogoo Racing Team / Yamaha YZF R6)
RT. C. Öncü (Turkish Racing Team / Kawasaki ZX-6R)
NS. H. Okubo (Dynavolt Honda / Honda CBR600RR)

WorldSSP300レース2

WorldSSP300のレース2はジェフェリー・ビュイが優勝。これでチャンピオンシップをリード。2位にスコット・デウル、3位はバハッティン・ソフォーグルとなった。

スーパーポールレースで使用されたタイヤ


スーパーポールレースで最も使用されたのはスタンダードソリューションタイヤだった。今シーズン全てのライダーがスプリントレースで同じタイヤを選択擦るのは初めてで、フロントには全員がスタンダードソフトSC1(オプションA)が使用され、リアにはスタンダード・スーパーソフトSCX(オプションA)が使用された。

WorldSBKレース2で使用されたタイヤ


WorldSBKレース2では全てライダーがフロントにスタンダードソフトSC1(オプションA)を使用。リアには多くのライダーがスタンダード・スーパーソフトSCX(オプションA)を使用した。ジョナサン・レイとチャズ・デイビスのみがリアにスタンダードソフトSC0(オプションB)を使用している。

WorldSSPレース2で使用されたタイヤ


WorldSSPレース2では、全てのライダーがリアにスタンダードソフトSC0(オプションA)を使用。フロントは多くがスタンダードソフトSC1(オプションA)を使用。3名のみがスタンダードミディアムSC2(オプションB)を使用している。

スーパーポールレースおけるデータ

・ピレリ(Pirelli)ベストラップアワードはアレックス・ロウズが2周目に記録した 1’49.686
・最も使用されたフロントタイヤはスタンダードSC1(21名中21名)
・最も使用されたリアタイヤはスタンダードSCX(21名中11名)
・ソリューションの数はフロント5種類、リア8種類
・ライダーごとに使用可能だったタイヤ本数は68本で、フロント31本、リア37本
・気温21℃
・路面27℃

WorldSBKレース2おけるデータ

・ピレリ(Pirelli)ベストラップアワードはマイケル・ルーベン・リナルディが4周目に記録した1’50.338
・最も使用されたフロントタイヤはスタンダードSC1(21名中21名)
・最も使用されたリアタイヤはスタンダードSCX(21名中19名)
・ソリューションの数はフロント5種類、リア8種類
・ライダーごとに使用可能だったタイヤ本数は68本で、フロント31本、リア37本
・気温24℃
・路面40℃

WorldSSPレース2おけるデータ

・ピレリ(Pirelli)ベストラップアワードはアンドレア・ロカテッリが8周目に記録した1’53.990
・最も使用されたフロントタイヤはスタンダードSC1(24名中22名)
・最も使用されたリアタイヤはスタンダードSC0(24名中24名)
・ソリューションの数はフロント4種類、リア4種類
・ライダーごとに使用可能だったタイヤ本数は41本で、フロント21本、リア20本
・気温23℃
・路面34℃

(Source: Pirelli)

(Photo courtesy of Pirelli)